menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  4. 【小谷コーチの分析バスケ】ボックススコアから紐解くバスケ
  5. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic 6
  6. 【武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】自分の時間
  8. 【小谷コーチの分析バスケ】フリースローからプレースタイルを予想する
  9. 【片岡編集長のレポート】 3men Automatic 5
  10. 【武学籠球】武学の応用例「ディフェンス編」
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:動画

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

引き続き、On Ball Screenに対し、相手チームにSwitchで対応された際の攻略法について紹介していきます。今回の事例も、U18 FIBA ASIA CUPより日本対オーストラリアとなります。試合としては、そこまで点数…

前回は、FIBA U18 Asian Championship 2018での日本対オーストラリアでの、オーストラリア代表チームのDFシステムを紹介しました。何といっても、サイズやスピードのギャップが誕生する反面、スペースやロ…

今回は、FIBA EuroBasket 2017の準々決勝、大熱戦となったLatvia 対Slovenia vより、下図のような定番のクロススクリーンを扱います。上図のプレーは、あまりにもバスケット界で有名なプレーであり、説…

今回は,3men Automaticのスペーシングでオフェンスを狙う際に、Switchで対応されたケースを考えてみたいと思います。PnR(ピック&ロール)への対応策としては様々なDF戦術が存在します。インサイドの選手もア…

今回は、相手チームが3 men Automaticに対して守り方の整理や準備をして来た際の考え方を整理していきたいと思います。田中力選手、富永 啓生選手を擁して戦ったU16FIBAアジア選手権、5-6位決定戦の対戦相手である韓国戦に…

今回も引き続き琉球ゴールデンキングスの代表的なプレーを分析していきたいと思います。前回の記事では、反対サイドのHelp DFの動きを見た上でパスコースを瞬時に判断するケースを紹介しました。今回はボールサイドのDFの動きに注目…

みなさん、こんにちは!坂口慎です。今回は、前回の続きで==================スポーツと武学(武術)の違い②==================についてお話させていただきます。…

3 men Automaticの第2弾となります。前回、基本的な構造を分析し、紹介しました。今回は、本プレーを実行する為に必要なファンダメンタルスキルを紹介します。チームの戦術を遂行する為の、共通のファンダメンタルと…

前回、今シーズンの琉球ゴールデンキングスが使用するHORNSについて、DiveとPopを絡めた基本的な構造を紹介しました。今回は両サイドのコーナーにいるオフェンスとの関係性について紹介していきます。◇コーナーDFの動きを先読み…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 引き続き、FIBA EURO2017でのLATVIAのオフェンスからのお話です。本プレー…
  2. こんにちは!坂口慎です。前回は・百人百派・自分はもともとすごいということにつ…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.16
ページ上部へ戻る