スキルアップ リバウンド 指導法 練習メニュー 育成法

『リバウンドを制すものは試合を制す』 これはよく言われる言葉です。一度は聞いたことあると思います。 言葉だけではなく本当に試合を左右する大きな要素ですが、指導となるとなかなか難しいですよね。 運動能力の低い子、理解するのに時間がかかる子、コツをつかむまで時間がかかる子。 目の前にいる選手はそんな、あまり能力の高くない子が多いのが現実ですね。

オフェンス スキルアップ 指導法 練習メニュー 育成法

ポストプレーで確実に得点を積み重ねる…最近ではめっきり減ったバスケットスタイルですね。 リングに近い分、やはりシュート率は格段に高くなるんです。

スキルアップ トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

腰を落とした床への踏ん張りをつくれることが、バスケットボール・スキルの向上に大きく貢献します。それ自体が一つの重要スキルと言えます。 先日も、力強いストップをつくることをテーマに練習をしていたのですが、特徴的な動きがありましたのでご紹介したいと思います。 二つの動画を見て頂きます。

チーム作り

良いチーム、強いチームを作りたいと誰もが思っています。取り組む姿勢や気持ちなど技術以外のことが大きく影響してくるのです。

オフェンス スキルアップ ディフェンス トレーニング 指導法 練習メニュー 育成法

バスケットで「基本姿勢を取る」や「構える」という言葉をよく耳にしますよね。 これは、ただ格好の問題だけではなく、きちんとした理由があるのです。

スキルアップ ディフェンス トレーニング 動画 指導者 梅原淳

今日はステップ・スライドについて少し考えてみたいと思います。 足をスライドさせる動きと言えば、例えばディフェンスでのサイド・ステップがありますね。 前方へ動くときには、左右の足を交互に踏んで歩き、後方へ下がる際にも同じように後ろ歩きとなると思います。 スライドの動きはこれを意図的に片足で行っているものです。

指導法

ファウルっていくつもあるけど、今のプレーはどうなの?ってシーンよく見かけますよね。今回は、よく起こる触れ合いに対するファウルの種類と概念をJBA競技規則から簡単にご紹介します。

スキルアップ トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

2020年2月12日配信の「トレーニングレポートNo.36」の動画について、正解を知りたいという内容です。 この記事ではレッグ・ランジという脚を前へ踏み込んで蹴り返す前後動作のトレーニングを解説しました。 なぜこのトレーニングを公開したのかというと、床へ脚を接地するときの入り方が、膝や足首といった末端で踏ん張る人がいて、それだと動作が崩れてしまうとか怪我の元になっている事実があるためです。 正しい接地・着地を覚える上で、このレッグ・ランジは基礎として最適です。

練習メニュー

シュートって、入る日と入らない日がありますよね。得意なシュートなのに、今日はなぜか入らない…そんな時に修復するためのシュートメニューをご紹介します。

スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 梅原淳 育成法

(1)ドリンクの飲む量と温度に気を遣おう (2)さらにクーラーの活用の仕方を少し改めよう ▼不調のときは食べない ▼食べることが回復を阻害する ▼普段から断食を取り入れる ▼過ぎを知ること