関野 日久に関する記事一覧


スキルアップ ディフェンス 練習法 関野 日久

ディフェンスといえば「腰を低く」、「腰を下げろ」、と長い間言われ続けてきました。 しかし、NBA選手を見ていると特別腰を下げている選手というのは多くなく、ではこれほどディフェンスは腰を下げろと長く言われてきた理由が何故なのか、果たしてそれは正解なのか、改めて考える必要があるのではないでしょうか。

オフェンス シュート スキルアップ 練習法 関野 日久

今ではボールキープや仕掛けの状態から3ポイントのステップバックシュートを打つ選手も少なくありません。1on1では止められないスキルの1つで、スペースがなくともできることから非常に汎用性の高い技ですが、その分難しさやリスクもあります。2つの種類とポイント、注意点を解説します。

スキルアップ ドリブル 練習法 関野 日久

1on1でのドライブやボールキープ時など、体全体でボールをカバーできるため、ロールターンは最強の技術とも言えます。 華麗にクルッと回転・・・そんなロールターンですが、ただ回るだけでは相手も普通に守れてしまうのでいくつかポイントを押さえておく必要があります。 身体の使い方や足さばき、肘の使い方などのポイントを分かりやすく解説します。

スキルアップ ドリブル 関野 日久

昨今のバスケット業界は1on1が主流です。そのため、ドリブルワーク・ドリブルハンドリングは欠かせないスキルですよね。 今回は、 1.フロントチェンジ 2.レッグスルー 3.ビハインド のどれぞれメリットとデメリットを解説します。 特徴を理解して、試合で有効に使えるようになりたいですね。

スキルアップ 練習法 関野 日久

バスケットにおいて、日本人は世界に比べて身長での不利は否めません。ですが、オリンピックでの女子日本代表の銀メダル、パラリンピックでの男子日本代表銀メダルなど、日本の不利な低身長でも戦えることが証明されました。 これは育成カテゴリーにも言えることで、小さいなりの対応の仕方をご紹介します。

スキルアップ 練習法 関野 日久

富樫選手は代表でも中心のメンバーですが、圧倒的に体格で劣っています。 そんな富樫選手がどのようなプレーで日本屈指のポイントガードとして代表でも活躍する選手となったのか、という視点から低身長(ローサイズ)な選手の活路を見出していきましょう。