menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 速報!ウィンターカップの年始開催…
  5. 坂口慎の【武学籠球】主体性によって吸収量が違う
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.39
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.38
  8. 坂口慎の【武学籠球】指導者のあるべき姿
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.37
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.36
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

株式会社 Real Style バスケットボール事務局

今、目の前には自ら積極的に練習する選手たちの姿がある。私の存在が無くなり、選手同士で話し合い知恵を出して技能の習得に精を出している。これは現代の日本において特異な光景だ。部活動の練習というのは一般的にコーチが中心となって行われる。技…

サイド・キックの振り幅が大きくなったときに、負荷の大きさに対応できる人は腕の動きが活発になっていきます。幅の小さいステップのときにはなんとか脚だけで間に合いますが、振り幅が広がれば必然的に全身を使わざるを得なくなります。そのときに流…

前回のトレーニングレポートNo.39において、サイドキックを鍛えるトレーニング動画をお届けしました。選手たちの練習の様子をお伝えするのがここでの役割です。メールマガジンで届く【梅原トレーナーのからだづくり哲学】では、私からのささやか…

日本の高校バスケットボールにおける最大のイベント『ウィンターカップ』に関して、大きな動きがあったので本レポートにてお伝えしたい。今回は文字通りの速報として、今解っている事実を手短にレポートする。JBAは日本のバスケットボール…

みなさん、こんにちは。慎です。昨日、富山で指導者向け講習会の第二回を開催してきました。内容としては「チーム理念、目的の定め方」ということでお話させていただきました。最初は前回のまとめから入り、その流れから選手…

4月の初め頃、和歌山県の高校にお邪魔しました。年に一度か二度、體づくりの講習会を行なっています。今回は顧問の先生から「股関節のトレーニングを確認したい」と、具体的なテーマを頂きました。ここのチームの先生は勉強家で、物事を見る洞察力に…

本物の力を手に入れるためには、何事でも自分で考えることが大切です。見て聞いてやってみてと、自分で探ることをして道をつけることで真の能力が手に入ります。私の発信はあまり多くを語りません。一つには今申し上げたあなた自身の情報の活…

みなさん、こんにちは。 慎です。  先日、富山で初めて「指導者向け講演会」を開かせていただきました。  いつも使用している体育館の方からお話をいただき僕で良ければと快諾しました。  テーマとしては「指導者のあ…

点が線になり、線が面になる。人間の體とは奥が深く、それでいてとても分かりやすいシンプルさがあります。運動も多種多様な動作の組み合わせではなく、ひとつの繋がったものとして捉えたときに目の前の世界が突如として広がることがあります。…

私の取り入れるトレーニング種目に「レッグ・ランジ」というものがあります。これはポピュラーなトレーニングです。スクワットを片脚で行うところ、脚をドスンと勢いよく落とすところ、縦に前へ出るところなどがこのトレーニングの特徴ですが、私はさ…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 今、目の前には自ら積極的に練習する選手たちの姿がある。私の存在が無くなり、選手同士で話し合い知恵を出…
  2. サイド・キックの振り幅が大きくなったときに、負荷の大きさに対応できる人は腕の動きが活発になっていきま…
  3. 前回のトレーニングレポートNo.39において、サイドキックを鍛えるトレーニング動画をお届けしました。…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
line
ページ上部へ戻る