menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
  4. 【古武術バスケ】ビックマンを押し出すディフェンス方法を教えてくださいと…
  5. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  6. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を…
  7. 【選手必見】目標達成の重要性
  8. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バスケ】
  9. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  10. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

株式会社 Real Style バスケットボール事務局

あなたの選手たちは練習前にはどのような時間の使い方をされていますか?・仲間とダラダラ話をしている・練習前にストレッチをしている・チームメイト達と遊びながらシュート練習・1vs1をしている練習前の使い方…

インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。なぜなら、ゴールとの距離が近いためスクリーナーとなり、相手を抑えるフリをしながら自身が身体を回転(ロ…

一般的なミートは、ジャンプした状態で行うため体勢が非常に高い位置から、地面に着地するため大きな上下動が起こります。つまり、ボールをミートしてから、次の動作に移る際に再度、低い姿勢を作らなければいけ…

【質問】先日、古武術バスケを購入した者ですが、金田さんに質問です。肋骨、骨盤を潰すための練習方法とビッグマンを外に押し出す技術の練習方法を教えてください。【回答】1.肋骨、骨盤を潰すための練習方法…

前回の記事で、「ティーチングとコーチングの違いについて、ご紹介しましたが、記事を読まれた読者の方から、「どうすればコーチングスキルを高められるのか?」という質問を受けました。・・・が、正直私もわかりません。笑…

先日、ネットニュースを見ていると野球日本代表の4番 筒香選手がどのようにして開眼したのか?という記事を見つけたのですが、その記事の中で、「ティーチング」と「コーチング」の【違い】について、書かれていました。スポーツに…

2018年、一回目となりましたがやはりテーマは「目標設定」でいきたいと思います。「目標設定」といっても、県大会優勝や地区大会優勝個人ではスキルの精度を高めるなどチームにとって、それ…

先日、チーム練習の際にディフェンスの練習を行うことになりました。大人になってディフェンス練習なんてするとは思っていませんでしたが…笑その練習方法が、とても良い内容だったのでシェアさせていただきますね。まず…

ウインターカップ予選に破れてしまったチームは、新チームが本格的に始動していると思いますが、この冬休みは、調子の波に左右されないディフェンス技術を徹底的に磨いてほしいと思います。ディフェンス技術を冬休み…

あなたはどのように、普段の練習メニューを組まれていますか?実は、練習メニューの組み方に一手間工夫を行うだけで、試合でも持っている力を発揮できる選手を育成できます。試合に強い選手を育てられる練習メニューとは…

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. あなたの選手たちは練習前にはどのような時間の使い方をされていますか?・仲間とダラダラ話をして…
  2. インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。…
  3. 一般的なミートは、ジャンプした状態で行うため体勢が非常に高い位置から、地面に着地するため大き…

おすすめ記事

  1. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  2. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
  3. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?
line
ページ上部へ戻る