パスに関する記事一覧


スキルアップ パス 練習法 関野 日久

ボールを動かす手段としてはドリブル・パスが考えられますが、最も速く動かす方法はパスです。 強く、速いパスで動かされるボールに追いつける人間はいません。 つまり、ディフェンスを揺さぶるためには最も有効な手段はパスです。 今回は強いパスを出す方法について紹介していきます。

スキルアップ パス 関野 日久

自主練習といえばシューティングやドリブルハンドリングなどのワークアウトが行われることばかりで、パスは疎かにされています。 今回は、どのようなパスが良いパスなのか、どうすればそのような良いパスが出せるのかをご紹介します。 ナイスパスってどんなパス? 良いパスには2つあります。どのようなパスが良いパスなのかを知ることで、パスセンスの向上を目指しましょう。

スキルアップ チーム戦術 パス 動画 片岡 秀一

現役高校生としてB.LEAGUE特別指定選手としてプレーしている米須玲音選手がデビュー戦で見事なノールックパスを魅せました。「天才」や「パスセンスがある」と評されるのも納得のプレーでした。 下記の映像を見る際、私は、「パスセンス」の礎になるフレームワークを米須選手が当たり前のように備えている事に気が付きました。

オフェンス スキルアップ パス 指導法 練習法

バスケットの基本はパス。パスが味方に通らなければ試合にはなりません。 チームオフェンスを組み立てるうえでは欠かすことのできない技術です。 パスで重要なことは、「ディフェンスにボールをカットされることなく味方に通すこと」です。そのためには、どのような技術を身につければ良いのでしょうか。 パスを出す技術、そして受ける技術も重要になります。自分が狙ったところにパスができるように「正確なパス」を習得していきましょう。 今回は、パスの基本姿勢と動きについてご紹介します。

オフェンス スキルアップ トレーニング バスケ用語 パス 育成法

一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、バスケにもサッカー同様に”アシスト”という記録があります。内容はサッカーと同じで、得点を決めた選手にパスを出すことです。シュートを打たない選手でも、アシストが上手い選手は沢山います。

スキルアップ パス 練習法

身体が小さく力が弱い選手では、速くて強いパスを出すのは難しいです。さらに、そのままでは試合で通用するパスにはなりません。

スキルアップ パス 指導法 練習法 育成法

試合や練習でよくパスカットされることはありませんか?その原因は、○○姿勢でボールを動かしているからかもしれません。

オフェンス スキルアップ チーム作り パス 指導法

試合中に山なりの緩いパスをする機会って、滅多にないですよね。でも、山なりのパスが中々治らない選手もいます。その原因は、投げ方ではないところに!?

オフェンス スキルアップ パス 練習法

バックコートからフロントコートにボールを運ぼうとしても、中々上手くいかない。そんな時は、パスコースを意識してみましょう。

オフェンス スキルアップ パス

チームを成長させるために、どういう指導をしていますか?チームが成長し、試合で勝つためには、選手それぞれのパススキルのレベルアップが必要です。