menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 八村選手のリバウンドダンクから読み取る「ディフェンスリバウンド」の重要…
  2. マイボトルのすゝめ
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】米トレ会議
  4. 【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点を取る…
  5. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  6. 保護中: 【トレーニングレポート⑤】今の日本の子供たちに、運動する力を…
  7. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  10. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:パス

チームにセットプレーを導入する際、決まりごとの多さが故に、逆に選手のプレーが膠着してしまって上手く決まらないケースなどもあるのではないでしょうか?B.LEAGUEも来季に向けた各チームの陣容が続々と発表されています最近ですが、昨季の…

前回の配信では、トーステン・ロイブル氏がHCを務めるU16-19男子代表チームの定番プレーでもある、2枚のスクリーンに対してシューターの選手を絡める中でのトリックプレーを紹介しました。今回は、同HC、同チームによる、もう一つのBas…

今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手権(2018)の男子代表チームにおいて、トーステン・ロイブル氏が用いていたBaseline out of boundsプレーを紹介します。…

トーステン・ロイブル氏をHCとしてFIBA U16 アジア選手権大会へと挑んだ男子代表チーム。今夏、アルゼンチンで開催されるU-18FIBAワールドカップへの出場権こそ逃しましたが、レバノン、インド、韓国を相手に3連勝をし、予選リー…

新入生が入部して、そろそろ1ヶ月近くが経とうとしています。3年生から1年生まで全ての選手を観ることは非常に困難であり、効率的な練習法を求められます。そこで、この練習法を試してみてはいかがでしょうか↓効率的な練…

■ピック&ロール 成功の鍵とは…?先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習しています。理由として、スペースを有効に活用するためです。あなたはピック&ロールを指導されるとき、どのようなことを指導されますか?…

週末にBリーグやNBAを見ていました。少し前の試合展開ならアウトサイドは速攻の起爆剤、またはゲームメイクがストロングポイントとなる選手が多かったですが、現代バスケでは、「得点力」を求められるポジションだと…

ローポストの面取りの方法は前回お伝えしましたが、本日は、実践テクニックについてお伝えしたいと思います。上手く目の前で面取りされるとディフェンスは、これでもかという程、守りにくくなります。…

NBAが開幕しましたね。1節しか終わっていませんが、開幕戦からスーパープレーが続出です。(私は大興奮です。笑)そんな中、私が注目しているのがアウトサイドのプレーについてです。なぜ、アウトサイドのプレーに注目し…

バスケットは素早い展開で得点を取り合う競技ですが、1試合、ずっと素早い展開で攻められません。なぜなら、ディフェンスも速攻を防ごうとハーリーバックするためです。そうなると、ハーフコートで攻めなければいけないのですが……

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 日本代表男子チームが、ワールドカップ予選で2次ラウンドへの進出を決めた事は、日本中の多くのバスケット…
  2. 5月12日、私は新幹線景気で賑わう金沢にいた。私学であるこの高校の今年度の新入部員は、当初の…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 八村選手のリバウンドダンクから読み取る「ディフェンスリバウンド」の重要性とは?
  2. マイボトルのすゝめ
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】米トレ会議
ページ上部へ戻る