パスに関する記事一覧


オフェンス スキルアップ パス 練習法 関野 日久

パスセンスのある選手は ・独自のスペースが見えている ・空間や時間を把握する能力が高い ということを書きましたが、ではそういった部分はどのように磨くことができるのか。 今回はそれについて解説します。

オフェンス スキルアップ パス 関野 日久

「パスセンス」とはよく聞く言葉ですが、具体的にどういったものを指すのでしょうか? 今回は、パスの特性を考察し「パスセンス」というものを具体的に解剖していきたいと思います。 ▽パスの特異性 パスは、シュート・ドリブルとは大きく性質が異なります。第一に、パスセンスという考え方が当てはまります。

スキルアップ パス 動画 片岡 秀一

U19男子代表チームのワールドカップが終わりました。また、佐古賢一HCの離任も7/19(月)に発表されました。 戦績としては勝利を掴むことはできませんでした。 しかし、サイズのある選手が成人以降にプレーすることが予想されるポジションを10代で経験し、国際大会の経験を積んでいることは将来の糧になるでしょう。今回は、試合中のスキルに着目したいと思います。

オフェンス スキルアップ パス 戦術 練習法 関野 日久

1人の能力だけではスペーシングや相手ディフェンスの動きもあるのでカッティングは成立しません。それらを上手くコントロールするためにはチームで約束を作ることが必要です。 1つ目はカッティングのタイミングを決めることです。 ・ローポストにボールが入った時 ・コーナーから45度にボールが上がった時 など、何か約束を決めてカッティングをすることで、スペースを生かせてチャンスを見落とすこともなくなります。

スキルアップ パス 指導法 練習法 関野 日久

観客が声をあげて湧くプレーというのはたくさんあります。 ・バスケットカウント ・3ポイント ・ダンク ・ド派手なブロック ですが、ノールックパスも間違いなくトップレベルに歓声のあがるプレーです。 また、技術としても非常に有効なノールックパス、今回はそれに必要な能力や考え方について解説します。

オフェンス スキルアップ ドリブル パス 練習法 育成法 関野 日久

NBAでもシンプルかつ効果的な戦術として、長きにわたって使われてきたプレーがピック&ロールです。 多彩なハンドラーと強力なフィニッシャーが行うピック&ロールは、最も守ることが困難なオフェンスの1つです。 今回は、ハンドラーに求められる技術を分解して解説します。

スキルアップ トレーニング パス ヒヤマ ココロ フィジカル(身体) ライター 練習法

スポーツにおいて、まわりの状況を把握して動く力は必要です。とはいえ「よく見る」「俯瞰する」と意識するだけでは、周囲を見渡せる力を付けることはできません。 この記事では、スポーツで重要といわれる「周辺視野」についてお伝えします。能力を身に付けるメリットや、初心者必見の簡単なトレーニング方法まで詳しく解説! もっと周りをよく見て動くよう注意される人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

オフェンス スキルアップ データ・情報 パス ライター 動画 片岡 秀一

番外編として、欧州で活躍する名選手のプレーを題材としたいと思います。 紹介する選手は、ギリシャ代表のエースポイントガードであり、FCバルセロナ(FC Barcelona Basketball)のニック・カレイテス(Nick Calathes)選手です。 On Ball Screenをオフェンス戦術として活用する際、NBA・B.LEAGUE・FIBA国際ゲームのハイライト映像のように、なかなか綺麗に決まらないケースでモヤモヤされている方も多いのではないでしょうか。

オフェンス シュート スキルアップ パス ライター 練習法 関野 日久

ジャンプにおいて大切なこととして、全身の力を伝えて地面を蹴り飛び出すこと、怪我を防ぎ、次の動きにスムーズに運ぶための着地が注目されることが多いです。 もちろん、2つとも大切なことではありますが、実際の試合中にはこれに加えて、パスや相手をかわしてのシュート、など空中で行う動作も生まれます。 NBAで史上最高の選手と言われるマイケル・ジョーダンの最も得意なプレーは、空中でのボールハンドリングからのシュートやアシストです。

スキルアップ パス 練習法 関野 日久

ボールを動かす手段としてはドリブル・パスが考えられますが、最も速く動かす方法はパスです。 強く、速いパスで動かされるボールに追いつける人間はいません。 つまり、ディフェンスを揺さぶるためには最も有効な手段はパスです。 今回は強いパスを出す方法について紹介していきます。