menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 八村選手のリバウンドダンクから読み取る「ディフェンスリバウンド」の重要…
  2. マイボトルのすゝめ
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】米トレ会議
  4. 【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点を取る…
  5. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  6. 保護中: 【トレーニングレポート⑤】今の日本の子供たちに、運動する力を…
  7. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  10. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:動画

■質問試合になるとシュートが入らなくなります。これは技術的な部分に問題があるのでしょうか?それとも、練習方法に問題があるのでしょうか?仕事も忙しくあまり時間が取れないので、短い時間で学べる方法があれば嬉しいのです…

あなたの選手たちは練習前にはどのような時間の使い方をされていますか?・仲間とダラダラ話をしている・練習前にストレッチをしている・チームメイト達と遊びながらシュート練習・1vs1をしている練習前の使い方…

インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。なぜなら、ゴールとの距離が近いためスクリーナーとなり、相手を抑えるフリをしながら自身が身体を回転(ロ…

一般的なミートは、ジャンプした状態で行うため体勢が非常に高い位置から、地面に着地するため大きな上下動が起こります。つまり、ボールをミートしてから、次の動作に移る際に再度、低い姿勢を作らなければいけ…

先週、久しぶりに公式戦がありました。しかし、結果は惜負でした。内容的に相手のディフェンスにリズムを崩されたのですが改めてディフェンスの重要性を思い知らされました。という…

昔に比べて、現代バスケはアウトサイドの得点力が各段にアップしています。少し前なら、ガードは「ゲームを組み立てる」とタクトを振るように周りの選手を活かす選手が多かったように思います。しかし、現在ではゲームを組み立てることは…

週末にBリーグやNBAを見ていました。少し前の試合展開ならアウトサイドは速攻の起爆剤、またはゲームメイクがストロングポイントとなる選手が多かったですが、現代バスケでは、「得点力」を求められるポジションだと…

ローポストの面取りの方法は前回お伝えしましたが、本日は、実践テクニックについてお伝えしたいと思います。上手く目の前で面取りされるとディフェンスは、これでもかという程、守りにくくなります。…

ローポストでの面取りはバスケットにおいてとても重要なテクニックの一つです。なぜなら、ローポストがインサイドプレーでもっとも基本とされておりプレーの幅を広げるにはもってこいのポジションだからです。&…

今回の講師は名古屋経済大学の重田監督。チームでは、男子、女子の監督を務めています。そんな重田先生と始めて出会ったのは2016年の夏。当時、重田先生の理論を聞いたとき今までの概念が全て崩されたような衝撃を受けました……

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 日本代表男子チームが、ワールドカップ予選で2次ラウンドへの進出を決めた事は、日本中の多くのバスケット…
  2. 5月12日、私は新幹線景気で賑わう金沢にいた。私学であるこの高校の今年度の新入部員は、当初の…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 八村選手のリバウンドダンクから読み取る「ディフェンスリバウンド」の重要性とは?
  2. マイボトルのすゝめ
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】米トレ会議
ページ上部へ戻る