戦術に関する記事一覧


オフェンス スキルアップ 戦術 片岡 秀一

ワールドカップ2019でのチェコ代表のトランジションオフェンスを切り取ってご紹介します。 ディフェンスリバウンドの逆センターが一目散に走ることで、相手にとって選択を迫られる状況を作りだします。 正確なパススキルと状況に応じた対応力が見所です!

オフェンス スキルアップ 戦術 片岡 秀一

ワールドカップ2019でのチェコ代表のトランジションオフェンスを切り取ってご紹介します。 BリーグやNBAで活躍する選手も所属するチェコ代表ですが、トランジションOFの場面でドリブルで切っていく選手に対して、逆サイドの選手が絶妙のタイミングで逆サイド3Pシュートを作っています。 動画を交えて順を追って解説します。

スキルアップ ディフェンス 戦術 片岡 秀一

トランジションディフェンスはバスケットボールで非常に難しい領域です。 どんなにレベルの高い試合でも、ディフェンスリバウンドからの失点をゼロにするのは至難の業でしょう。 刻一刻とコートの状況が変わる中、様々な危険因子が目に入り、対応が迫られます。 その為、これまでバスケット界でも様々なキーワードが登場してきました。

スキルアップ ディフェンス 動画 戦術 片岡 秀一

トランジションディフェンスの大切さは言うまでもありません。 ノーマークのレイアップシュートを防ぐことは育成カテゴリーでも指導されていますが、3Pシュートさえも防ぐことを目標とすることで、選手にとってやるべきことが明確になり、なおかつ状況判断力を鍛えることにもつながります。 記録に載らないファインプレーを動画とともにご紹介します。

スキルアップ ディフェンス 戦術 片岡 秀一

非常にシンプルな1対1の攻防に対しても、予想が出来ないプレーであったとしても、すべきことを着実に遂行し失点の確率を低くすることはとても重要です。 ・ドライブに対し少しでもボールマンを苦しませること ・インサイドの合わせにも対応し最後の最後までチェックを試みること この部分が疎かであればディフェンスを成功させることは難しいです。

スキルアップ ディフェンス 戦術 片岡 秀一

イタリア代表のディフェンス力の高さをご紹介します。 2つの連続したスクリーンプレーに対して見事に対応し、なおかつプレッシャーをかけてミスをさせた対応力の高いディフェンスです。 「ボールマンにプレッシャーをかける」「相手のやりたいことをさせない」などの、基本的なことから高いディフェンスが発揮されるのかもしれませんね。

スキルアップ ディフェンス 動画 戦術 片岡 秀一

様々なオフェンス戦術に対して対応の仕方も様々です。 ダブルドラッグ(スクリーン)に対するイタリア代表の素晴らしいディフェンスをご紹介します。 ヘルプとヘッジを上手く組み合わせて相手をパスミスに誘導した巧妙な連携を動画付きでご紹介します。