戦術に関する記事一覧


オフェンス スキルアップ 動画 戦術 片岡 秀一

『アーリーオフェンスとハーフコートの接続を円滑にする』 対象とする試合は、111対81で勝利をした日本代表とのゲームです。 同国代表チームは、アーリーオフェンスの華麗さと同様に、ハーフコートの展開になった際にも流れるようなオフェンスを披露しました。 ポイントの1つには「アーリーオフェンスとハーフコートのプレーとの滑らかな連結」にあると感じます。実際のプレーと共に確認していきましょう。

オフェンス スキルアップ ライター 戦術 片岡 秀一

本稿でも、前回までの記事と同様にニュージーランド代表チームを題材とします。対象とする試合は、111対81で勝利をした日本代表とのゲームです。 これまでは、日本代表チームがシュートを沈めた次のオフェンスを中心に扱いました。今回は、ディフェンスリバウンドからのオフェンスの事例を見ていきましょう。

オフェンス スキルアップ ライター 戦術 片岡 秀一

本稿でも、前回の記事と同様にニュージーランド代表チームを題材とします。 男子代表チームの試合を観戦されている方にとっては、111対81で日本代表チームを圧倒した試合が印象に残っているのではないでしょうか。 特に、#9 Corey Websterの突破力とシュート力や、トランジションオフェンスの中でのインサイド陣の正確なアウトサイドシュートに苦しめられました。 本稿では、前回同様、代表的なプレーを紹介します。

オフェンス スキルアップ ライター 動画 戦術 片岡 秀一

これまで、スペイン代表、アルゼンチン代表、オーストラリア代表、アメリカ代表、ギリシャ代表チームのアーリーオフェンスについて紹介をしました。 今回より、ニュージィーランド代表チームを扱います。男子代表チームの試合を観戦されている方にとっては、111対81で男子代表チームを圧倒した試合が印象に残っているのではないでしょうか。

オフェンス スキルアップ ライター 戦術 関野 日久

バスケは出場する人数が5人と少ないため、どの選手の役割も責任も大きいスポーツです。 その中でも特に、ポイントガードはチームの司令塔としてボールに触れる時間が非常に長く、中心的な役割を担います。 そのポイントガードに、最も求められる能力としてゲームメイクがあげられます。 今回はゲームメイクについてご説明します。

スキルアップ ディフェンス ライター 動画 戦術 片岡 秀一

今回も番外編とします。 題材は、欧州の名門クラブであるFCバルセロナです。今シーズンより、リトアニアの英雄であるSaras Jasikevicius氏が就任。 規律のあるディフェンスを武器に、好成績を残しています。欧州のメディアや、ツイッターアカウント等でも同コーチや、FCバルセロナの映像がアップされる事も非常に多いです。

オフェンス スキルアップ ライター 動画 戦術 片岡 秀一

これまで、スペイン代表、アルゼンチン代表の事例を紹介したのちに、オーストラリア代表、アメリカ代表チームのプレーを紹介していきました。 今回は、今、世界のバスケットボールで最も注目されている選手の1人と言っても過言ではない選手を擁するギリシャ代表チームに着目してみます。映像では、選手がリングへとアタックをし、いずれもフリースローを獲得しています。

オフェンス スキルアップ 動画 戦術 片岡 秀一

前回は、オーストラリア代表のドラッグスクリーンに関連し、アメリカ代表チームのプレーを紹介しました。 ドラッグスクリーンは一つのコンセプトであり、何よりも大切なのは『有利な局面を作った際の各選手の判断能力やスキルの発揮』と記載しました。 今回も、アメリカ代表の映像を例に、局面の活用法の狙いをご紹介します。

オフェンス スキルアップ 動画 戦術 片岡 秀一

【片岡編集長】ナショナルチームのゲームより13『ドラッグスクリーン4(スクリナーを助ける工夫)』 本稿では、前回までのオーストラリア代表のドラッグスクリーンに関連し、アメリカ代表チームのプレーを紹介します。