バスケのシュートって何種類あるの?試合でよく使うシュート7選

オフェンス シュート スキルアップ ヒヤマ ココロ

バスケットボールにはさまざまなシュート方法がありますが、実戦で使われるのはほんの一部です。今回は、試合でよく使うシュートやそのコツを紹介します。バスケが上手くなりたいなら、ここで紹介する基本シュートを極めるだけで充分戦えますよ。

技のバリエーションを増やし、どんな場所からでもリングをねらえる選手を目指しましょう。

バスケ|点数別で見るシュートの種類

バスケットボールは、打つシュートに応じて加点数が1~3点と異なります。ルールを知るためにも、点数別のシュート名を押さえておきましょう。

1点・・・フリースロー

フリースローとは、試合を中断した状態で誰からの妨害もなく打てるシュートのことです。フィニッシュ時のファールや特定のバイオレーションが発生することで、行為を受けたチームに与えられます。

1本決めるごとに1点加算されるボーナスショットですが、緊張感あるなかでのシュートであるため、苦手と感じる人も多くいます。

2点・・・2ポイントシュート

バスケットボールは、1シュート=2得点というイメージがあるように、ほとんどのシュートが、2ポイントシュートにあたります。バスケの基本シュートといっても良いでしょう。このシュートをどれだけ多く積み重ねられるかが、試合の勝敗を決めます。

3点・・・3ポイントシュート

3ポイントシュートとは、スリーポイントラインの外側から放つシュートのことです。長距離で難易度が上がるため、決めれば3点加算されます。1本あたりの加点数が多いため、スキルを身に付けておけば大量得点が見込める、重要なシュートです。

バスケ|身に付けておきたい基本シュート7選

ここからは、バスケットボールをするなら身に付けておきたい、基本のシュートを紹介します。今回は、試合でよく使う2ポイントシュートに着目してお届けします。

1.セットシュート

セットシュートは、バスケットボールの超基本シュートです。ボールを額(ひたい)に構え、両足を床につけた状態で放ちます。ノーマークで余裕があるときなど、確実に得点を決めたいシーンで見られます。

しっかり重心を落とし下半身を安定させることが、成功率アップの秘訣です。

2.ジャンプシュート

ジャンプシュートは、試合中もっとも多く放つシュートです。ボールを額に構え、跳び上がった最高地点でボールを放ちます。

ジャンプシュートの正確性を高めるには、体幹トレーニングがおすすめです。ディフェンスに当たり負けしない、バランス力を身に付けることを意識してください。

3.レイアップシュート

レイアップシュートは、走りながらリングに近付いてフィニッシュするシュートです。『ランニングシュート』ともいわれ、リングにボールを置くイメージで、優しく放ちます。

走るスピードをボールにのせるには、正しいステップとリリースが大切です。苦手な人は動きを細分化して練習することで、スキルを身に付けられます。

4.バックシュート

バックシュートは、リングを背にした状態でレイアップするシュートです。『レイバック』ともいわれ、レイアップの要領でそのままリング下を通過し、逆サイドからボールを放ります。

バックシュートができると、背後にリングがある状況でもシュートをねらえますよね。攻撃の幅がひろがるため、習得しておいて損はありません。

5.ターンシュート

ターンシュートは、ボールを持ったら素早くターンし、ディフェンスを交わして放つシュートです。おもにペイントエリアで使うプレーで、相手がピタッとくっついてきた時をねらいます。

ポイントは、軸足をしっかり固定し、小回りでターンすることです。左右どちらに回れば相手を置き去りにできるのか、正しい状況判断のもとでプレーしましょう。

6.フックシュート

フックシュートは、ゴール付近で使うシュート方法です。リングに対して垂直になるように立ち、リングから遠いほうの腕1本でシュートを放ちます。自分の頭上をループするようなフォームでシュートするため、ディフェンスにブロックされにくいのが特徴です。

ジャンプシュートやレイアップに比べると難易度が高く、ステップと腕のまわし方のタイミングを合わせる必要があります。リングとの距離感を掴んでプレーすることも大切です。

7.フェイドアウェイシュート

フェイドアウェイシュートは、ジャンプシュートの後方跳びバージョンです。リングから遠ざかるようにジャンプシュートすることで、ディフェンスのチェックを外せるのがポイントです。

しかし、ディフェンスからブロックされにくい一方で、シュートがブレやすいというデメリットもあります。リングと距離が開いているため、思っている以上に力を入れないと、ボールが届かない事態も起こります。

フェイドアウェイシュートを成功させるには、高い身体能力とスキルが必要だといえるでしょう。

シュートのバリエーションを増やして相手を惑わせよう

今回は、試合でよく使うシュートを7種類紹介しました。基本的なシュートから少し難易度が高いものまでありますが、コツコツ練習すれば習得できるものばかりです。

これらのスキルを身に付けておくと、どんな状況でもシュートが放てるようになりますよね。プレーのバリエーションを増やして、ディフェンスを惑わせちゃいましょう。そのためにも、あれこれ一度に覚えようとせず、一つずつ確実に習得していくのがおすすめです。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp
この記事を書いた人ヒヤマ ココロ
バスケットボール歴5年。現役時代は主にセンターを務めていました。持ち前の体力を活かし、陸上競技や水泳、フィールドホッケーなど、様々なジャンルのスポーツを経験。全国大会や国民体育大会にも出場してきました。現在は二児の母で、ウェブライターとして活動中。このブログでは、スポーツの経験で得た基礎知識や上達するためのノウハウなど、実体験を踏まえた記事を執筆していきます。