練習法に関する記事一覧


オフェンス スキルアップ 練習法

ペイントエリアで確実に点を取れる、そんな強いセンタープレーヤーはチームにとって欠かせない存在ですよね。 それにはポストプレーは必須です。 特にローポストでの1対1は、よりリングに近いところでの勝負ができるため、ぜひ習得したいスキルです。 今回は、ミニバス選手でもできる簡単で有効なローポストプレーの練習法をご紹介します。

スキルアップ ディフェンス 練習法 関野 日久

ディフェンスといえば「腰を低く」、「腰を下げろ」、と長い間言われ続けてきました。 しかし、NBA選手を見ていると特別腰を下げている選手というのは多くなく、ではこれほどディフェンスは腰を下げろと長く言われてきた理由が何故なのか、果たしてそれは正解なのか、改めて考える必要があるのではないでしょうか。

オフェンス シュート スキルアップ 練習法 関野 日久

今ではボールキープや仕掛けの状態から3ポイントのステップバックシュートを打つ選手も少なくありません。1on1では止められないスキルの1つで、スペースがなくともできることから非常に汎用性の高い技ですが、その分難しさやリスクもあります。2つの種類とポイント、注意点を解説します。

スキルアップ ドリブル 練習法 関野 日久

1on1でのドライブやボールキープ時など、体全体でボールをカバーできるため、ロールターンは最強の技術とも言えます。 華麗にクルッと回転・・・そんなロールターンですが、ただ回るだけでは相手も普通に守れてしまうのでいくつかポイントを押さえておく必要があります。 身体の使い方や足さばき、肘の使い方などのポイントを分かりやすく解説します。

スキルアップ 練習法 関野 日久

バスケットにおいて、日本人は世界に比べて身長での不利は否めません。ですが、オリンピックでの女子日本代表の銀メダル、パラリンピックでの男子日本代表銀メダルなど、日本の不利な低身長でも戦えることが証明されました。 これは育成カテゴリーにも言えることで、小さいなりの対応の仕方をご紹介します。

スキルアップ 練習法 関野 日久

富樫選手は代表でも中心のメンバーですが、圧倒的に体格で劣っています。 そんな富樫選手がどのようなプレーで日本屈指のポイントガードとして代表でも活躍する選手となったのか、という視点から低身長(ローサイズ)な選手の活路を見出していきましょう。

シュート スキルアップ ドリブル パス 練習法 関野 日久

バスケットにおいて、パス・ドリブル・シュートどれを取っても「スナップ」を必要とします。 一般的にはシュートの際に「スナップを利かせて」と言われますが、実はボールハンドリング全てに欠かせないスキルです。 スナップが強ければ見えないところで得をする…そんなトレーニング方法を紹介します。

オフェンス スキルアップ ヒヤマ ココロ 練習法

一瞬で相手を抜き去って…華麗にシュート!ノールックパス!などなど、1on1が苦手な人にとっては、そんなカッコいいプレーに憧れますよね。 苦手と思っている人には、それなりの理由があるハズです。その理由を見つけ出すことから始めてみましょう。 苦手部分別の練習方法をご紹介します。

スキルアップ ディフェンス ヒヤマ ココロ 練習法

バスケで個々の能力が試される1on1。ワザを駆使して抜き去るオフェンスに対し、ディフェンスには粘り強さが求められます。 そこで注目したいのが、1on1のディフェンススキルです。オフェンスのように技を組み合わせることがないため、普段なんとなく練習しているだけという人も多いはず。 この記事では、1on1を抜かれないためのディフェンス術について紹介します。「あっという間に抜かれる、細かいフェイクに反応してしまう」と悩む人はもちろん「そもそもどうやって構えたらいいかわからない」という人はぜひ参考にしてみてください。

スキルアップ ディフェンス 練習法 関野 日久

実際の試合の中でほとんどのプレイヤーはオフボールディフェンスの時間の方が長いです。 また、オフボールディフェンスの選手がどの程度カバーやローテーションができるのか、コミュニケーションをとることができるのか、というのがオンボールディフェンスを助けることにつながります。 今回は、オフボールディフェンスの上手さ、重要なポイントを解説します。