オフェンスに関する記事一覧


オフェンス スキルアップ ライター 戦術 片岡 秀一

本稿でも、前回の記事と同様にニュージーランド代表チームを題材とします。 男子代表チームの試合を観戦されている方にとっては、111対81で日本代表チームを圧倒した試合が印象に残っているのではないでしょうか。 特に、#9 Corey Websterの突破力とシュート力や、トランジションオフェンスの中でのインサイド陣の正確なアウトサイドシュートに苦しめられました。 本稿では、前回同様、代表的なプレーを紹介します。

オフェンス スキルアップ ライター 動画 戦術 片岡 秀一

これまで、スペイン代表、アルゼンチン代表、オーストラリア代表、アメリカ代表、ギリシャ代表チームのアーリーオフェンスについて紹介をしました。 今回より、ニュージィーランド代表チームを扱います。男子代表チームの試合を観戦されている方にとっては、111対81で男子代表チームを圧倒した試合が印象に残っているのではないでしょうか。

オフェンス スキルアップ ライター 育成法 関野 日久

ポイントガードの役割は、ゲームメイクが期待されます。チームの力を最大限に引き出し、勝利へ導くことが使命です。 しかし、味方を活かす方法はパスを多く出すことやセットプレーをコールすることだけではありません。むしろ自らドライブし、点を取りに行くことにこそゲームメイクの真髄があるといっても過言ではありません。 今回は、ポイントガードが得点を取る意味について解説します。

オフェンス スキルアップ ライター 戦術 関野 日久

バスケは出場する人数が5人と少ないため、どの選手の役割も責任も大きいスポーツです。 その中でも特に、ポイントガードはチームの司令塔としてボールに触れる時間が非常に長く、中心的な役割を担います。 そのポイントガードに、最も求められる能力としてゲームメイクがあげられます。 今回はゲームメイクについてご説明します。

オフェンス シュート スキルアップ 指導法 育成法 関野 日久

3P、ミドル、ロングレンジのシュート、ドライブからのレイアップや合わせのゴール下シュートなど、得点の方法は多くあります。では、より多くのシュートを打ち、得点に多く絡むためにはどのような選手になれば良いのか、今回の記事は得点力について解説します。

オフェンス スキルアップ データ・情報 パス ライター 動画 片岡 秀一

番外編として、欧州で活躍する名選手のプレーを題材としたいと思います。 紹介する選手は、ギリシャ代表のエースポイントガードであり、FCバルセロナ(FC Barcelona Basketball)のニック・カレイテス(Nick Calathes)選手です。 On Ball Screenをオフェンス戦術として活用する際、NBA・B.LEAGUE・FIBA国際ゲームのハイライト映像のように、なかなか綺麗に決まらないケースでモヤモヤされている方も多いのではないでしょうか。

オフェンス シュート スキルアップ パス ライター 練習法 関野 日久

ジャンプにおいて大切なこととして、全身の力を伝えて地面を蹴り飛び出すこと、怪我を防ぎ、次の動きにスムーズに運ぶための着地が注目されることが多いです。 もちろん、2つとも大切なことではありますが、実際の試合中にはこれに加えて、パスや相手をかわしてのシュート、など空中で行う動作も生まれます。 NBAで史上最高の選手と言われるマイケル・ジョーダンの最も得意なプレーは、空中でのボールハンドリングからのシュートやアシストです。

オフェンス スキルアップ ライター 動画 戦術 片岡 秀一

これまで、スペイン代表、アルゼンチン代表の事例を紹介したのちに、オーストラリア代表、アメリカ代表チームのプレーを紹介していきました。 今回は、今、世界のバスケットボールで最も注目されている選手の1人と言っても過言ではない選手を擁するギリシャ代表チームに着目してみます。映像では、選手がリングへとアタックをし、いずれもフリースローを獲得しています。