【バスケ】レイアップシュートを極める!コツと練習方法を紹介!

オフェンス シュート スキルアップ 練習法 西嶋治美

バスケットボールにおいて基本中の基本と言われているのがレイアップシュートです。

初心者が1番初めに練習するシュートではないでしょうか。

そんなレイアップシュートにも、種類があります。

今回は基本的なレイアップシュートの練習方法とコツをご紹介します。

【練習メニュー】

  1. レイアップシュートの動作
  2. シュートを打つ/オーバーハンド
  3. シュートを打つ/アンダーハンド

レイアップシュートの動作

レイアップシュートは、「走っている状態からボールを持って1歩2歩とステップを踏み、ゴールを下から主にボールをすくいあげるようにして打つシュート」を指しています。

※右サイドからゴールに向かってドリブルする場面で解説しています。

①レイアップシュートのやり方

  1. 右サイドからボードに向かってドリブルをし、リングに近づきます。
  2. 左足で踏み切り、空中でボールを持ちます。
  3. 右足で1歩目のステップを踏みます。そして、2歩目の左足でリングに向ってジャンプしましょう。
  4. バックボードの四角い枠の角のところに向けてシュートを打ちます。

右膝を伸ばしながら、ボールを持った右手も肘まで伸ばします。ジャンプして高さが頂点の位置でボールをリリースすることが最大のポイントです。

リラックスした状態でシュートをすることも重要といえるでしょう。ボールを投げるのではなく、ゴールに置いてくるイメージで練習していきましょう。

②レイアップシュートの基本の4ステップ

ステップ①:走ってきたあるいはドリブルしてきた勢いのまま、1歩目のステップを踏んでください。ボールを持つと同時に、ステップを踏み込みます。

ステップ②:ボールを持ったまま、2歩目のステップを踏みます。シュートにつながるので、1歩目よりも力強く勢いを込めて踏み込みましょう。

ステップ③:リングから目を離さずに、ボールを高く持ち上げてジャンプします。

ステップ④:ジャンプを頂点で、そっと置くようにシュートをします。

できるだけ高く跳ぶためには、勢いを止めないようにステップを踏みジャンプをすることが重要となります。勢いがつぶれてしまうと、ディフェンスにカットされますので注意しましょう。

また、ジャンプは高く跳ぶように意識することで、身体が持ち上がりやすくなります。

シュートを打つ/アンダーハンド

レイアップシュートというと下から投げるアンダーハンドが基本的です。まずはアンダーハンドを習得しましょう。

このとき、ボールに縦回転をかけてしっかりと投げられるようにすることが求められます。シュート練習の前に、ボールを片手でコントロールできるようにするのが大切です。

基本の4ステップをベースに、「下から投げる」ことを繰り返しおこなうことで上達を目指しましょう。

シュートを打つ/オーバーハンド

アンダーハンドをマスターしたら、応用としてオーバーハンドのレイアップシュートを習得しておくと便利です。

初心者が最初に練習する、シュートやパスはオーバーハンドが多いので、レイアップシュートの習得率では実はオーバーハンドの方が難易度は低いのです。

アンダーハンドが苦手な子どもに対しては、オーバーハンドのレイアップシュートの練習からスタートしてもいいですね。

注意したいポイントは、キャッチしたボールを肩付近で保持します。そして、まっすぐ肘を上に出しながらボールをリリースしてくださいね。

まとめ

レイアップシュートは基本的なシュートですが、奥が深いですよね。

ディフェンスとの距離感やオフェンスとの状況や位置関係をすべて把握して、場面に合わせてシュートを使い分けることができたら、上級者といえるかもしれません。

コツを理解しつつ、上手な人のプレーなどを見ながら、真似をすることも早く身につけられますし、得点力が飛躍的に上がりますよ。