チーム作り 指導法 育成法

失敗したらコーチに怒られる。これは、子どもたちが思いがちなことです。指導者は、頭ごなしに叱ってしまいがちです。そうなると、子どもたちの中で”怒られたくない”という気持ちが芽生え、思い切ったプレーが出来なくなります。子どもたちが怯えずに思い切ってプレーできるように、指導することも指導者の意識すべきポイントです。

スキルアップ

レバンガ北海道の折茂武彦さんをご存知でしょうか?社長兼選手として50歳まで現役を続けられた、言わずと知れたバスケ界のレジェンド選手です。

オフェンス スキルアップ チーム作り チーム戦術 ディフェンス バスケ用語 育成法

バスケでは、よく「仕掛ける」という言葉が使われます。これは、用語辞典にはあまり記載はされていませんが、練習や試合などの現場で使われています。「仕掛ける」は、オフェンス時でもディフェンス時でも使われます。今回は、「仕掛ける」ことの利点や注意点についてお話します。

オフェンス スキルアップ チーム戦術 ディフェンス バスケ用語 育成法

”ピック・アンド・ロール”、”ピックアップゲーム”という言葉を聞いたことはありますか?バスケをしていたら、聞く機会もあると思います。聞かなくても、自然とプレーをしていることもあるでしょう。実は、この”ピック”という用語は、オフェンスにもディフェンスにも当てはまる言葉で、色々なプレーに関わる言葉です。

オフェンス スキルアップ トレーニング バスケ用語 パス 育成法

一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、バスケにもサッカー同様に”アシスト”という記録があります。内容はサッカーと同じで、得点を決めた選手にパスを出すことです。シュートを打たない選手でも、アシストが上手い選手は沢山います。

オフェンス チーム戦術 トレーニング バスケ用語 指導法

どうすれば得点を簡単に取れるでしょうか。一番理想なのは、相手DFに邪魔をされないことだと思います。しかし、完全に邪魔をされないことは殆どあり得ません。ですが、オフェンス時の人数アドバンテージを作る事はできます。それをするために、”アウトナンバー”を紹介します。

オフェンス スキルアップ トレーニング ドリブル バスケ用語 指導法 練習メニュー

「破る」。一見すると、紙を破るという使い方をされる言葉を想像しますが、もちろん違います。もしかすると、バスケを指導している指導者や実際にプレーしている選手の中で、意味を勘違いしている方がいるかもしれません。今回は、「破る」というバスケ用語についてお話します。