チーム作りに関する記事一覧


スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導法 指導者 片岡秀一 育成法

動画のプレーでは、赤穂選手のマークマンに対し、複数人のスクリーンが連続でセットされます。 Stagger Screenと呼ばれるプレーの中、赤穂選手は、次のような所作で喰らい付きます。他の選手の一瞬の連動と共に記載していきます。

オフェンス スキルアップ ドリブル 動画 坂口慎 指導法 指導者 練習メニュー 育成法

慎です。今日の本題は「ゼロドライブ」についてです。 これは「相手のタイミングを観て抜くドライブ」に名前をつけたものです。 なぜ「ゼロドライブ」という名前にしたのかというと・・・相手を抜くタイミングが、相手のパワーが「ゼロ」になるタイミングだったからです。

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導者 片岡秀一 育成法

引き続き、女子代表チームが選択しているDFコンセプトの紹介、及び、各選手の戦術遂行能力の高さを中心に、強さの秘訣に迫りたいと思います。繰り返しになりますが、女子代表チームが国際舞台で戦績を挙げているのは、チームが明確な戦術を掲げ、それに基づく選手選考をし、各選手のDF戦術やOF戦術の徹底度にあると感じています。一般誌などで取り上げられることが多い3Pシュートは、その戦術や緻密な準備が表面化した一例といえるでしょう。今回は、SIDEでのOn Ball Screenです。

スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 梅原淳 育成法

現代における健康また栄養摂取のズレた情報というものを、ささやかに考える提案をしました。 伝言ゲームのようなもので、本当はもっと違う事実、ほんの一部分についての話だったものが、両脇を削られ断片的な都合の良いところだけが世に広まりました。 今やそれが誰しも疑いのない、医者ですら安易に語る正確な事実かのようになっています。

スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 梅原淳 育成法

この梅原トレーニングレポートでは、體づくり動きづくりのテーマを中心として、それに関わるあらゆるジャンルを対象としています。 どうしてかというと、物事は一つだけで存在していないからです。 私たちの生活では、つねにそれぞれが繋がり、影響を与えまた与えられという関係によって成り立っています。

オフェンス スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導者 片岡秀一

ベルギー女子代表チームは2018年のFIBA女子ワールドカップで3位入賞を果たすなど、世界の強豪国の1つです。 魅力の一つは、サイズ、パワー、シュート力に長けたインサイド選手の存在です。 日本女子代表チームのコンセプトに対し、DF戦術の構造を理解し、的確に穴を突いている場面がゲーム中でも見られました。 下記動画をご確認ください。

オフェンス シュート スキルアップ 動画 坂口慎 指導者 練習メニュー

こんにちは。慎です。 今日はその話の続きで「動きながらクイックシュートを打つポイント」についてお話していこうと思います。 ここでも大事になってくるのは「一つの動きに複数の動作を含める」ということです。 動きながらになるとパスが自分にとっていいところに来るとは限りません。そのときにキャッチして、そのあとにディップをして…

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導法 指導者 片岡秀一 育成法

本プレーの特徴は、最初のバンプの意図と同様に「高さかスピードのミスマッチを創り出さない事」が挙げられます。 アウトサイドの選手とインサイドの選手を絡め、2回のスクリーンが発生していますが、画面下側の選手へのマークが間に合えば、元々のマッチアップに限りなく近い形に収まります。

オフェンス スキルアップ トレーニング ドリブル 指導法 指導者 梅原淳 育成法

先日和歌山にて、高校の男子バスケットボール部でクリニックを行いました。 「ミートからドライブ」の特訓中だということで、それを動きづくりの視点からアドバイス致しました。 このチームは県で優勝するくらいのレベルであり、ある程度ドライブの速さや技術は高いレベルにあります。 その上で、私が挙げたのは次の4つの要素です。

スキルアップ トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

女子は運動能力がない、というのが世の定説だという話を以前からしてきました。 その決めつけや幻想を打ち砕くために、不肖私はなんとか女子選手の運動技能を伸ばしてあげたいとささやかなサポートを行っています。 女子が動けない、それは男子と比べたときに出てくる言葉です。また様々な運動要素の中でも、とくに強固に否定されているのが「跳ぶ力」です。