バスケ用語に関する記事一覧


オフェンス スキルアップ バスケ用語 ヒヤマ ココロ

バスケットボールの試合でコートに立てるのは、たったの5人です。自分の性格、スキル、フィジカルを見つめ直し、どこのポジションをねらうと活躍できるのか考えてみましょう。 もし苦手なプレーがあったとしても「このポジションにつきたいんだ!」という熱意をもって練習すれば、おのずとスキルも身に付いていきますよ。 人気のポジションをゲットするためにも、日々練習に打ち込みましょう!

スキルアップ バスケ用語 指導法 練習法 育成法

『シールして押し込んで!』『○○選手のシールにボールを集めていこう』など、「シール」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょうか。 今回は、「シール」の意味・使い方・練習法などをご紹介したいと思います。

バスケ用語

「ペネトレイト」とは?専門性が高く有効なセットオフェンスですが、ミニバスから一般、NBAまで幅広く使われています。

バスケ用語

速攻が上手にできると、得点率が大きく上がります。逆に、速攻が上手にできないと、逆に相手チームに速攻をされてしまいます。

チーム作り バスケ用語 戦術 育成法

ミートとは、お肉のことではなくボールを受けることを指します。”ボールを受ける”だけ見れば重要そうには思えませんが、試合の中ではすごく重要になります。ミート上手にできる選手は、そこからプレーの幅などが広がります。

チーム作り バスケ用語 戦術 育成法

チームの大黒柱である5番。主にポストプレーで得点を稼ぐポジションです。スラムダンクでは「赤木剛憲」、黒子のバスケでは「紫原敦」が5番になります。

チーム作り バスケ用語 戦術 育成法

"パワーフォワード”や”スモールセンター”とも言われることがある4番。パワフルなプレーが特徴で、ペイントエリア内でのプレーを求められます。スラムダンクでは「桜木花道」、黒子のバスケでは「青峰大輝、火神大我」が4番になります。

チーム作り バスケ用語 戦術 育成法

"シューティングフォワード”や”スモールフォワード”とも言われることがある3番。オールラウンドでチームのエースが担うことが多いです。スラムダンクでは「流川楓」、黒子のバスケでは「青峰大輝」が3番になります。

チーム作り バスケ用語 戦術 育成法

"シューティングガード”や”セカンドガード”とも言われることがある2番。ポイントガードの補助やアウトサイドからのシュートなどの役割を担います。スラムダンクでは「三井寿」、黒子のバスケでは「緑間真太郎」が2番になります。

チーム作り バスケ用語 戦術 育成法

バスケでは、選手のことを番号で呼ぶことがあります。なぜかと言うと、番号毎に役割やポジションが分けられているからです。バスケに詳しくない方は、ユニフォームの番号で呼んでいると勘違いされる場合が多いです。