梅原 淳に関する記事一覧


スキルアップ トレーニング メンタル(心) 指導法 梅原 淳 育成法

スポーツはそれ自体が困難な性質のものだ。そこで活躍するトップ選手たちは皆、その困難を一番強く乗り越えた人たちである。 私たちは上位で活躍するアスリートを手本として、自らの成長のために彼ら彼女らから、その秘訣を知ろうとする。 それは子どもが大人のプロ選手などに学ぶという意味に留まらず、各年代においてそのトップチームおよび選手の持つ性質や努力から学ぶものは大きい。 ではその人たちから、メンタル的なものは何を理解するのか。

スキルアップ トレーニング メンタル(心) 梅原 淳 育成法 食トレ

タッパ飯が間違った解釈と使われ方をしていることに言及し、私たちがスポーツ現場で日頃いかに良き手段であるものをまるで活かせていないか、誤った理解のまま一般化されているかに警鐘を鳴らした。 今日はもうひとつの例を挙げてみよう。 同じく本線から大きく逸れて、あらぬ方向へ突っ走っている。

スキルアップ トレーニング フィジカル(身体) 梅原 淳 食トレ

物事を行うときには知識が必要だ。それは「より精確な情報」とも言うことができ、そこから様々にものを考え確率を上げたなかで実践に起こすことができる。 ただ皆が皆、博学となり専門家のような詳細な知識を要することは難しい。それはほぼできないし、深い学問的知識がなくとも物事を正しく理解できていれば充分なのである。

スキルアップ トレーニング フィジカル(身体) 梅原 淳 練習法

今日は走りの苦手な人が「足を速くする方法」の後編です。 そこで後編として、走りの中で足に加重してしまう理由をアドバイスして、さらにそれを改善するヒントを解説したいと思います。 これは運動の超基本と言える走る動作ですから、あまり長くして退屈しないようにズバリお話します。

スキルアップ トレーニング フィジカル(身体) 梅原 淳 練習法

こんにちは、梅原淳です。 今日はいつにも増して目からウロコ、走るスピードを上げられるちょっとした工夫をあなたに教えます。 これはとくに「自分は足が遅い」と感じている人にとって、とても良い情報です。足が遅ければ遅いほど、このポイントにばっちり当てはまるはずなので、あなたの走りが重い理由をついに今日、知ることができるでしょう。

スキルアップ トレーニング フィジカル(身体) 指導法 梅原 淳 練習法

自重であってもウエイト・トレーニングつまり體へ負荷を掛けて筋肉や関節を強化する目的ならば、この10回制は効果的です。 ただし10回という回数が適切かどうかは負荷の大きさ、バーベルで言えば重さによります。15回できる重りで10回をおこなっても、それはたやすくできてしまう負荷ですので適切ではありません。

スキルアップ トレーニング フィジカル(身体) 梅原 淳 練習法

今日は重りを使ったトレーニングいわゆるウエイト・トレーニングを行う際に、反復回数をいくつに設定すると良いかを解説します。このような内容はトレーニングをおこなう上ではごく基本的な知識になりますが、意外とここでは書いたことがありませんでした。私としたことが、うっかり見落としていましたね。せっかくですので、少し詳しく説明してみたいと思います。

スキルアップ トレーニング フィジカル(身体) 動画 梅原 淳 練習法

今日はズバリ、ジャンプの極意をお話します。 極意なんて言っても、それほど大それたものではありませんが、ジャンプを苦手だと思っている人はこの話が目からウロコになるかもしれませんよ、という内容です。 動画も交えて、はじめに「ズバリ」と言いましたので短くすっきり解説しましょう。 多くの人の持つ「跳ぶ」の動作感覚は、地面を強く蹴ることだと推察されます。

スキルアップ トレーニング フィジカル(身体) 梅原 淳 練習法

こんにちは梅原淳です!今日もトレーニング・レポートいってみましょう! まずふたつの動画を見比べてもらいます。その上でどこに違いがあるかを考えていきたいと思います。 今回の動作は「クロス・ステップ」です。 はじめはスピードの速い選手の足さばきを見てもらいます。

スキルアップ トレーニング フィジカル(身体) 指導法 梅原 淳 練習法

前回は、特定の動作への拘りをやめて、運動全体で動く足をつくることを提案しました。 ひとつの動作を特別な技術と決めつけてしまうと、思考がそこから抜け出せなくなってすぐ近くにあるはずのヒントすら気づけない狭い視野になってしまう懸念があります。 山さんが私の出したレポートを読んでくれて、そこに「上げる足」と「リズム」について書いてあったのも、よく考えればそれらはサイド・ステップに限った内容ではありませんよね。