シュートに関する記事一覧


オフェンス シュート スキルアップ 指導法 関野 日久

バスケットボールの場合、最も顕著な例として、ここ数年でユーロステップやステップバックなどのステップの技術が大きく変わりました。 ギャザーステップ(0ステップ)という考え方も広まり、豊富なステップの使い方が産み出されたのです。 このような記述の進化とは別に戦術も進化しています。今回は、今最もオフェンスで狙うべき2つの方法をご紹介します。

シュート スキルアップ 練習法 関野 日久

90年代、あるNBA選手により用いられたそのシュートは現在のNBAでも広く使われ、1対1では守ることがとても難しいです。そのシュートとは、フェイダウェイシュートです。 マイケル・ジョーダンが好んで使ったこの技は、その後も時代を代表する選手たちが彼の動きを真似て多用し、ポストプレーでの強力な選択肢となっています。今回は、防御不可能とも言われるフェイダウェイシュートについてご紹介します。

オフェンス シュート スキルアップ トレーニング 動画 指導法 梅原 淳 練習法

こんにちは、梅原淳です。 先日の練習でジャンプを発展させて、ゴール下のシュートを練習しました。 よくあるケースだと思います。ドライブしてゴール下へ飛び込み、鋭いジャンプシュートを狙います。 さらにパフォーマンスを上げるために、ジャンプ能力と飛び込む能力を最大限に引き出すべく、あるひとつの運動技術に着目しました。このトレーニングレポートで何度も書いている「8対2ストップ」です。

オフェンス シュート スキルアップ 練習法 西嶋治美

バスケットボールにおいて基本中の基本と言われているのがレイアップシュートです。 初心者が1番初めに練習するシュートではないでしょうか。 そんなレイアップシュートにも、種類があります。 今回は基本的なレイアップシュートの練習方法とコツをご紹介します。

オフェンス シュート スキルアップ 練習法 関野 日久

レイアップといえば最も基礎的なシュートで、小学生から練習するものです。 一度決めるための仕組み(ボードの内枠の角を狙う、近くから打ちすぎないなど)を覚えると自転車の乗り方と同じで練習しなくとも決められるようになります。 しかし、レベルが上がりより難しい状況や高いレイアップシュートを打とうとすると、細かな体の動かし方にこだわる必要があります。 今回は、オーソドックスなレイアップシュートにおける、上半身、下半身それぞれの動かし方をご紹介します。

オフェンス シュート スキルアップ 練習法 西嶋治美

バスケットボールにおいて、シュートは多く入れば入るほど得点が積み重なっていきます。 すなわち、試合で勝つ可能性が高くなるということです。 シュートがたくさん入って、試合にたくさん勝つほうが楽しいですよね。 バスケット技術のなかには、パスやドリブルはもちろん、シュートも含まれます。

シュート スキルアップ 指導法 練習法 関野 日久

左手は添えるだけ。超人気漫画の有名なシュートフォームに関する言葉で、実際の指導現場でも同じように教える方や、自身のフォームもそうである選手はたくさんいます。 しかし、時代は変わりシュートを打つ距離はどんどん遠くなっています。 そのポイントと理由について考察し、シュート力、得点力の向上を目指すための記事です。

オフェンス シュート スキルアップ 指導法 育成法 関野 日久

バスケはシュートを決めることが最も大切なスポーツです。その過程のドリブルやパス、チームの動きも全てシュートを決めるためのものです。 そんなシュートを少しでも多く確実に決めるために、今回はシュートの考え方についてご紹介します。 得点力とはシュートを決める能力によって定まるものですが、ではシュートを決めるためにはどういった部分を詰めれば良いのか、というのを考えていきます。

オフェンス シュート 坂口 慎

フローターを打つときに、大事なポイントがあります。そのポイントを知らないままシュートを打っていると、左右にシュートがズレてしまいます。

オフェンス シュート スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導法 片岡 秀一 育成法

日本人選手の悪癖として、ペイントエリアに侵入した際や相手DFを抜き去った際に、自動的にランニングステップを踏んでしまう事が頻繁に紹介されます。 ランニングステップは、素早くリングに近づきシュートがしやすいという利点はあります。 しかし、この場面のように、相手DFの選手にブロックのタイミングを計られやすいというデメリットもあります。