オフェンス シュート スキルアップ 指導法 関野 日久

バスケットボールの場合、最も顕著な例として、ここ数年でユーロステップやステップバックなどのステップの技術が大きく変わりました。 ギャザーステップ(0ステップ)という考え方も広まり、豊富なステップの使い方が産み出されたのです。 このような記述の進化とは別に戦術も進化しています。今回は、今最もオフェンスで狙うべき2つの方法をご紹介します。

スキルアップ チーム作り トレーニング メンタル 指導法 指導者 梅原 淳 育成法

バスケットボールはチームスポーツだ。勝つためにはチームとしてひとつにまとまる必要がある。それは誰だって理解するところだろう。 チームスポーツと同じように、私たちの日常にだってチームがある。家族はもっとも繋がりの強いチームだし、社会というものも大きなチームと言える。学校の中にも学年やクラス、仲の良い遊び仲間などでチームがつくられている。

オフェンス スキルアップ ドリブル ヒヤマ ココロ 練習法

ドリブルで相手を抜けるとかっこいいですよね。ドリブル力があるとチームで重宝されるだけでなく、攻撃の幅が広がるのでメリットだらけです。 この記事では、ドリブルのコツとしてよくいわれる「緩急」についてお伝えします。緩急のコツはもちろん、ドリブルを上達させるためのポイントも詳しく解説!ドリブル力をつけたい人や、これからバスケを始める人は、ぜひ参考にしてみてください。

オフェンス スキルアップ チーム戦術 動画 指導者 片岡 秀一

【片岡編集長】ナショナルチームのゲームより13『ドラッグスクリーン4(スクリナーを助ける工夫)』 本稿では、前回までのオーストラリア代表のドラッグスクリーンに関連し、アメリカ代表チームのプレーを紹介します。

スキルアップ トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原 淳 練習法

こんにちは、梅原淳です。 前回のゴール下ジャンプシュートに続き、今日も同じくジャンプをテーマに話していこうと思います。 バスケットボールでのジャンプと言えば、走りながらステップを踏む「ランニング・ジャンプ」があります。 走って加速をつけ、ワンステップもしくはツーステップで踏み切って、陸上競技の幅跳びや高跳びのようにジャンプする動きが頻繁に行われます。このモーションからシュートへもっていくわけですよね。

シュート スキルアップ 練習法 関野 日久

90年代、あるNBA選手により用いられたそのシュートは現在のNBAでも広く使われ、1対1では守ることがとても難しいです。そのシュートとは、フェイダウェイシュートです。 マイケル・ジョーダンが好んで使ったこの技は、その後も時代を代表する選手たちが彼の動きを真似て多用し、ポストプレーでの強力な選択肢となっています。今回は、防御不可能とも言われるフェイダウェイシュートについてご紹介します。

オフェンス スキルアップ チーム戦術 動画 指導者 片岡 秀一

今回も、男子ワールドカップでベスト4に輝いたオーストラリア代表チームのアーリーオフェンスを紹介していきたいと思います。 同チームでは、突破力と得点力に長けたミルズ選手、広い視野と判断力を武器とするイングルス選手が存在します。 ハンドラーとしての両選手の魅力を最大限に生かす戦術として、Drag Screen(ドラッグスクリーン)と称される、アーリーオフェンスの流れの中でのOn ball Screenが多用されます。

スキルアップ ドリブル 練習法 関野 日久

さまざまなワークアウトやハンドリングメニューがあり、数多のドリブルの技があります。 それらはメニューとして形態化され、NBA選手が自身で行ったものやアメリカでの流行が日本にきていますが、どのようなドリブルをつく時も必要とされる能力があります。 それは緩急をつけることです。今回はドリブルのリズムについて解説します。

オフェンス シュート スキルアップ トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原 淳 練習法

こんにちは、梅原淳です。 先日の練習でジャンプを発展させて、ゴール下のシュートを練習しました。 よくあるケースだと思います。ドライブしてゴール下へ飛び込み、鋭いジャンプシュートを狙います。 さらにパフォーマンスを上げるために、ジャンプ能力と飛び込む能力を最大限に引き出すべく、あるひとつの運動技術に着目しました。このトレーニングレポートで何度も書いている「8対2ストップ」です。