バスケ|きれいなシュートフォームの作り方と練習方法

オフェンス シュート スキルアップ ヒヤマ ココロ フィジカル(身体) 練習法

バスケットボールでシュートフォームがきれいな人がいると、目に留まりますよね。そのような選手はシュートが入る確率も高く、周囲から注目されているものです。

今回は、きれいなシュートフォームを作るためのポイントや、練習のコツをくわしく紹介します。これからバスケを始める人や、よくシュートフォームを注意される人は、記事を参考にして上達を目指しましょう。

シュートフォームはリズムから成る!

シュートフォームを整えたいと思ったとき、どんなに腕の角度やボールの手放し方を練習したとしても、それだけでは上手くなれません。きれいなシュートフォームを身に付けたければ、前後の動作もふくめて練習することでリズムが身に付き、正しいフォームと安定感のあるシュートが放てるようになるのです。

正しいシュートフォームを身に付けるには、以下の動きを一連のリズムでできるよう練習しましょう。

  • ボールをもらう
  • リングに向かう
  • シュートを打つ

これらの動きが流れるようにできれば、たとえ体勢が崩れながら放ったシュートでも、きれいなフォームで打てるようになりますよ。シュートの成功率も高まり、自信をもってプレーできるようになるでしょう。

バスケ|シュートフォームの作り方

ここからは正しいシュートフォームを作るために、先ほどあげた一連の動作をさらに分解して見ていきます。それぞれのポイントを理解して、最終的にはリズミカルに通して動けるよう目指しましょう。

1.スタンスを意識する

きれいなシュートフォームは、自身の姿勢(スタンス)を整えることから始まります。そもそもスタンスが崩れていると、シュートを打つ以前に、ボールを上手くもらえない可能性もありますよね。いつボールがきてもスムーズに動けるように、パワーポジションでバランスのとれた姿勢を意識しておきましょう。

パワーポジションをとっておけば重心が下がるため、下半身の安定につながります。シュートを打つときのステップが正しく踏めたり、ディフェンスに当たり負けしない体勢がとれたりできるようになるため、プレーの基本姿勢として覚えておくのがよいでしょう。

2.ボールは指で持つ

シュートフォームを整えるには、手からすぐにボールがこぼれる不安定な状態だといけません。ボールは手全体を使ってベタっと持つのではなく、手のひら中心部にじゃっかん空洞ができるように指で支えるようにしましょう。

また、ボールをもらってリングに向かうときは、手首をかえしてスナップが利かせられるようにしておくことも大切です。指先手首で力加減を調整することで、ボールの軌道が決まります。飛ばしすぎ、ライナーボールを避けるためにも、ボールの持ち方を意識してください。ツーハンドシュートならしっかり両手で持ち、ワンハンドシュートなら打たない方の手はボールに軽く添えるだけです。

3.肘をしめる

シュートフォームをきれいにするなら、肘の位置にも注意を払いましょう。リングに向かったとき、肘が身体のラインからはみ出るように大きく外側に開くのはNGです。ボールを真っすぐに飛ばすためにも、肘をしめてブレない体勢を作りましょう。

4.身体に芯を通すイメージで

ここまでスタンス、ボールの持ち方、肘の位置について紹介しましたが、シュートを打つときは、それらのポイントを踏まえたうえで身体に1本の芯を通すイメージで放ちましょう。

頭のてっぺんからつま先までのラインがしっかりしていると、力が分散されることなくボールに乗ってくれます。身体のブレを防ぐこともできるため、ピンポイントでねらいを定めやすくなるのです。結果的に、きれいなシュートフォームにつながります。

5.フォロースルーを正確に

シュートフォームは、フォロースルー(ボールを放ったあとの手の動作)まで気をくばることで、きれいに保たれます。具体的には、以下のポイントをきっちりこなすのが大切です。

  • 腕をきちんと伸ばす
  • 手首と指先をつかってスナップをかける
  • ボールを放ったあとの手と指先はリングに向ける

フォロースルーができていれば、ボールはリングに向かってまっすぐ飛んでくれます。無意識にできるようになれば、自然とシュートの成功率も上がることでしょう。

きれいなシュートフォームを身に付けて確実に得点をねらおう

バスケットボールを始めたばかりだと、きれいなシュートフォームを身に付けるには多少時間がかかります。だからといってやみくもにシュートを打っているばかりでは、まったく上手くなれません。

今回紹介したシュートフォームの作り方を参考に、まずはパスを受けるリングに向かうシュートを打つをひとくくりに考えて練習してみましょう。各動作におけるポイントを押さえた練習を繰り返していれば、次第にシュートフォームも整ってきますよ。どんな状況でも確実に得点をねらえる選手になるためにも、チャレンジしてみてください。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp
この記事を書いた人ヒヤマ ココロ
バスケットボール歴5年。現役時代は主にセンターを務めていました。持ち前の体力を活かし、陸上競技や水泳、フィールドホッケーなど、様々なジャンルのスポーツを経験。全国大会や国民体育大会にも出場してきました。現在は二児の母で、ウェブライターとして活動中。このブログでは、スポーツの経験で得た基礎知識や上達するためのノウハウなど、実体験を踏まえた記事を執筆していきます。