menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  2. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を…
  3. 【選手必見】目標達成の重要性
  4. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バスケ】
  5. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  6. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
  7. 【上達動画】オールコートプレスに有効なディフェンスフットワークとは…?…
  8. 【バスケ上達動画】アウトサイドからの得点の割合を上げる方法
  9. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【戦術】…
  10. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

株式会社 Real Style バスケットボール事務局

「ジョイント」というバスケ用語はご存じですか?私も初めて聞いたのですが内容を見ると、その重要性をすぐに理解できました。翻訳すると「つなぎめ」や「継ぎ手」という意味の言葉ですが、バスケットのプレーに置き換えると、…

バスケットは素早い展開で得点を取り合う競技ですが、1試合、ずっと素早い展開で攻められません。なぜなら、ディフェンスも速攻を防ごうとハーリーバックするためです。そうなると、ハーフコートで攻めなければいけないのですが……

インサイドプレイヤーの得点は2種類あると考えます。一つ目はセンタープレーを用いて自ら得点を奪う選手です。こういった選手はインサイドを制圧するほどパワフルなので、ディフェンスしている場合は厄介な選手…

ローポストの面取りの方法は前回お伝えしましたが、本日は、実践テクニックについてお伝えしたいと思います。上手く目の前で面取りされるとディフェンスは、これでもかという程守りにくくなります。だからこそ、ボディコ…

ローポストでの面取りはバスケットにおいて とても重要なテクニックの一つです。 なぜなら、ローポストが インサイドプレーでもっとも基本とされており プレーの幅を…

今回は、「プリンストンオフェンス」をご紹介したいと思います。プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出したオフェンスシステムのことです。ピート・キャリル氏はサクラメント・キン…

こんばんは!本日は、ハーキーできない選手についてご質問を頂戴しましたので、シェアさせていただきますね。【ご質問】おはようございますいつも勉強になるメルマガありが…

先日、ミニバスの練習を見に行った際に小学6年生の女子から、「シュートするときに、ただ押し込んでいるだけと言われるし、  高い弾道で打てないけど、何が悪いの?」このような…

今回は「アーリーオフェンスマニュアル」DVDについてご質問をいただいたので、シェアさせて頂きますね。【質問】「アーリーオフェンスマニュアル」を購入したYです。今、自分のチームで練習していま…

プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出したオフェンスシステムのことです。ピート・キャリル氏はサクラメント・キングスのACにも就任し、2005年まで活躍されました。「で、一体どんなオフェンスシステムなの?」と…

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 前回の記事で、「ティーチングとコーチングの違いについて、ご紹介しましたが、記事を読まれた読者…
  2. 先日、ネットニュースを見ていると野球日本代表の4番 筒香選手がどのようにして開眼したのか?という…
  3. 2018年、一回目となりましたがやはりテーマは「目標設定」でいきたいと思います。…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  2. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を考えてください。【指導】
  3. 【選手必見】目標達成の重要性
ページ上部へ戻る