タグ:ディフェンスが付いている記事一覧


超おすすめ今だけ!友だち登録するだけで半額に

オフェンス スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導者 片岡秀一

ベルギー女子代表チームは2018年のFIBA女子ワールドカップで3位入賞を果たすなど、世界の強豪国の1つです。 魅力の一つは、サイズ、パワー、シュート力に長けたインサイド選手の存在です。 日本女子代表チームのコンセプトに対し、DF戦術の構造を理解し、的確に穴を突いている場面がゲーム中でも見られました。 下記動画をご確認ください。

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導法 指導者 片岡秀一 育成法

本プレーの特徴は、最初のバンプの意図と同様に「高さかスピードのミスマッチを創り出さない事」が挙げられます。 アウトサイドの選手とインサイドの選手を絡め、2回のスクリーンが発生していますが、画面下側の選手へのマークが間に合えば、元々のマッチアップに限りなく近い形に収まります。

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導法 指導者 片岡秀一 育成法

女子代表チームの好成績を支える要因として、明確にチームコンセプトを打ち出している事が挙げられると感じています。 2016年のリオ五輪以降、代表チームに選出されるアウトサイド陣には3Pシュートの技術以外にも要求される水準が非常に高くなりました。具体的には、まず、世界の強豪チームに対抗しうるサイズがある事、それに加え、フィジカルコンタクトの強さや、ファーストブレイクの場面で走り切る走力のある選手が代表合宿等に呼ばれるようになりました。

スキルアップ ディフェンス リバウンド 動画 指導法 指導者 片岡秀一 育成法

今回は、ローポストにボールが供給された後の展開を通じ、女子代表チームの取り組みを分析していきたいと思います。 女子代表チームはポストにボールが供給される前にも全身全霊で戦います。本映像では、オコエ桃仁花選手がローポストの攻防で奮闘します。今回はボールがローポストに供給されました。その後、吉田選手がダブルチームでボールマンにプレッシャーを掛けに行きます。

スキルアップ ディフェンス 動画 指導者 片岡秀一

再開後のテーマの第一弾は、バスケットボール女子日本代表チームの戦い方を中心に取り上げたいと思います。東京五輪での金メダル獲得を具体的な目標として掲げて鍛錬を重ねる同チームは、統率の取れたコート上での戦いぶりに加え、選手選考などを含め、チームの幹が非常に強固です。

オフェンス スキルアップ ディフェンス トレーニング 指導法 練習メニュー 育成法

バスケットで「基本姿勢を取る」や「構える」という言葉をよく耳にしますよね。 これは、ただ格好の問題だけではなく、きちんとした理由があるのです。

スキルアップ ディフェンス トレーニング 動画 指導者 梅原淳

今日はステップ・スライドについて少し考えてみたいと思います。 足をスライドさせる動きと言えば、例えばディフェンスでのサイド・ステップがありますね。 前方へ動くときには、左右の足を交互に踏んで歩き、後方へ下がる際にも同じように後ろ歩きとなると思います。 スライドの動きはこれを意図的に片足で行っているものです。

練習メニュー

ディフェンスのフットワークって色々ありますよね。大事なのはわかっているのにあまり時間が取れない。短時間で行えるフットワークメニューをご紹介します。