育成法に関する記事一覧


スキルアップ トレーニング メンタル(心) 指導法 梅原 淳 育成法

スポーツはそれ自体が困難な性質のものだ。そこで活躍するトップ選手たちは皆、その困難を一番強く乗り越えた人たちである。 私たちは上位で活躍するアスリートを手本として、自らの成長のために彼ら彼女らから、その秘訣を知ろうとする。 それは子どもが大人のプロ選手などに学ぶという意味に留まらず、各年代においてそのトップチームおよび選手の持つ性質や努力から学ぶものは大きい。 ではその人たちから、メンタル的なものは何を理解するのか。

DVD シュート 今倉 定男 動画 指導法 練習法 育成法

ミドルシュートを打つ際に、ボールをどのように持ちますか?このボールの持ち方ひとつをとっても、時代によって大きく違います。そこで、今回は動画を使いながら説明していきます。

スキルアップ トレーニング メンタル(心) 梅原 淳 育成法 食トレ

タッパ飯が間違った解釈と使われ方をしていることに言及し、私たちがスポーツ現場で日頃いかに良き手段であるものをまるで活かせていないか、誤った理解のまま一般化されているかに警鐘を鳴らした。 今日はもうひとつの例を挙げてみよう。 同じく本線から大きく逸れて、あらぬ方向へ突っ走っている。

スキルアップ チーム作り 育成法 関野 日久

前回に引き続き、試合中にコミュニケーションを取るための方法をご紹介します。 そもそも、なぜ試合中にコミュニケーションを取ることができないのか? それは話す内容が見つからないからです。 では、どうすればそれを解決できるのか。今回は2つの視点からその問題への答えを見つけます。

スキルアップ 指導法 育成法 関野 日久

前回、練習中にどのようなコミュニケーションを取るべきか解説しました。 今回は、試合中にどのようなコミュニケーションを取るべきか、解説します。 相手チームも練習を積み、こちらをスカウティングして試合に臨んできます。 その上で現在自分たちが ・できていること ・できていないこと ・これからどのように試合を展開していくのか を話し合います。

スキルアップ チーム作り 指導法 育成法 関野 日久

プロ選手の多くは、試合中や練習中とにかく喋ります。自分一人でできることは限られているので、コミュニケーションを取り合い、チームの連携で勝利を掴むためです。 では、具体的にどのようなコミュニケーションをとればよいのか、今回は練習中のコミュニケーションについて解説します。

スキルアップ ディフェンス 指導法 練習法 育成法 関野 日久

オンボールディフェンスにおいては、なによりもボールマンとリングを守ることが大切なので、視野よりもいわゆる ・フットワーク ・ハンドチェック ・フィジカル ・読み などのディフェンス力が重要です。 今回はオフボールディフェンスの視野について解説します。

スキルアップ トレーニング フィジカル(身体) 動画 梅原 淳 練習法 育成法

リズムとセットなのが音です。 私たちは音楽を聴くと、勝手に体がそのメロディに合わせて動きます。とても不思議なことですが、とにかく音やリズムと動作は相性が良いことを教えてくれます。 ミスタープロ野球の長嶋茂雄さんが、よく動作やその雰囲気を口で音にして表現していましたね。あれは語彙が足らないってことではなく、そのほうが伝わりやすいからです。また選手も体で表現しやすくなります。

スキルアップ トレーニング 梅原 淳 育成法

あなたには明確な夢、目標があるだろうか。きっとあるに違いない。それに向かって、たった今のあなたは何をしているだろう。具体的なアクションをしていないという人は、どうぞ聞いて下さい。 今すぐに、それと関係ないものを全部切り捨てて、将来に向けて「なりたい」「したい」と心が動いているものを手に入れる準備を始めよ。準備とは行動で

オフェンス スキルアップ ドリブル パス 練習法 育成法 関野 日久

NBAでもシンプルかつ効果的な戦術として、長きにわたって使われてきたプレーがピック&ロールです。 多彩なハンドラーと強力なフィニッシャーが行うピック&ロールは、最も守ることが困難なオフェンスの1つです。 今回は、ハンドラーに求められる技術を分解して解説します。