menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.54
  2. 【バスケ】強いチームは外さない!?レイアップを確実に決めるためには。
  3. 【バスケ】ワンランクアップ!大きくミートするための練習法
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.53
  5. 【バスケ】これを使えば1対1が格段にやりやすくなる!「ミート」とは
  6. 【バスケ】1対1のディフェンス時にどこを見るのがいいのか
  7. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  8. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  10. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:チーム戦術

前回の記事では、On ball Screenに対する守り方の一案として、スクリナーのDF側の「DROP」、ボールマンDF側の「Chase」の組み合わせ、及び、選手に対してコーチングをする際に重要と思われる箇所について、プロコーチの事例を踏ま…

今回も、男子代表チームがワールドカップで対戦するトルコ代表のプレーを扱います。サイズがあり、インサイドでも力強いプレーをするインサイド選手、長身でオールラウンダーが揃うウィング陣が非常に強烈なチームです。特に、Cedi Os…

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して…

前回に引き続き、on ball Screenに対してDropとChaseを絡めたDF戦術について取り扱います。今回のメインテーマは『“what you teach,what you demand,what you accept” 選…

前回に引き続き、ワールドカップで日本が対戦するトルコ代表のプレーを紹介します。トルコは、ワールドカップ2010年大会のファイナリストでもあり、世界的な強豪国の1つです。事前のランキングでも、同グループ内ではアメリカに次ぐ2位…

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して…

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して…

過去の記事では、on ball screenに対してSwitchを駆使して守る際に必要になるスキル、残り3選手のDF位置などについて紹介していきました。今回は、男子日本代表チームの事例をベースに、新しい視点で考えていきたいと思います…

今回はトルコ代表の基本的なスペーシングをご紹介します。FIBAワールドカップ欧州予選を戦う際、トルコ代表はインサイドの優位性を非常に上手く活用していました。自チームのポストで優位に立てるマッチアップが見つかっている際には的確…

前回記事では、Switch DFによって発生する「高さ/パワーのミスマッチ」を最小化する方法や、残り3選手のDFポジションの重要性を紹介しました。前回と同じ下記の動画には高度なDF戦術や、クロアチアチームのDF哲学が詰まっています。…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. ※お知らせこちらの記事は、新型コロナウイルス感染が広がる前に執筆した記事となります。&n…
  2. バスケットボールにおいて、レイアップシュートというのは決して無視できないシュートです。速攻で…
  3. 前回、ミートの種類と練習方法についてご紹介しました。1対1の成功率やチー…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.54
  2. 【バスケ】強いチームは外さない!?レイアップを確実に決めるためには。
  3. 【バスケ】ワンランクアップ!大きくミートするための練習法
ページ上部へ戻る