menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.42
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その8
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その7
  4. 【バスケ】手のひらのどこにボールを置く?【シュート】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その6
  6. 【バスケ】ゴールに正対しろ!と指導すると精度が下がる理由がコレ↓【シュ…
  7. 【坂口慎の武学籠球】教育と指導のバランス
  8. 【自宅トレ】新年度で他チームに差をつける体力トレーニング
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その5
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その4
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:育成法

今回ご紹介したチームと選手の話というのは特別なものではない。どこにでも誰にでも起こりうる、私たちの日常の姿だと思う。ただし彼らがしてきたこと、今も努力している自己研磨という自分で考え行う練習は、他に見ることはできない希有なものだ。…

学力偏差値の高い子らは、何でも真面目にやれるし頑張れる。知識も豊富だ。しかしその良さを活用することを知らない。いくら勉強しても、情報を持っているだけでは何にもならない。高い理性と精神的強さがあっても、自分で動かなければそれは活きない…

※前号は文字数が通常の倍ほどになってしまいました。具体的な規定は無いのですが、携帯画面で読まれている方もいると思うので配慮した字数を心掛けています。ただ内容が深まっていけば、やはり長文となってしまうことも避けられません。私たちの大切な日々の…

みなさん、こんにちは。慎です。最近、指導者の方々と交流することが多いのですが、その場で「教育」と「指導」のバランスについて話題が上がることが多々あります。教育と指導の違いについては以前お話しましたが、それを理解はしているが、…

体力トレーニングとは単なる筋肉の追い込みではなく、新たな運動感覚、運動技能を身に携えて、そこからパフォーマンスを発達させることに真の目的がある。少なからず私の行うトレーニングとはそうである。わけもわからずただキツいこと辛いこ…

前回の記事はコチラ↓http://basketball-school.jp/wp/skill_up/2455.html(承前)自分で自分を伸ばすことを知らないし出来ない子どもたちは、観察したり調べ…

※前回の記事はこちら↓http://basketball-school.jp/wp/skill_up/2453.html(承前)私の教える体力トレーニングでは、自分の體と向き合い話し合うことをする。どんな体勢を取るの…

前回の記事はコチラ↓http://basketball-school.jp/wp/skill_up/2449.html日々の練習は探究でありたい。部活動の目的は競技力の向上、競技成績の向上であるから、そう…

今、目の前には自ら積極的に練習する選手たちの姿がある。私の存在が無くなり、選手同士で話し合い知恵を出して技能の習得に精を出している。これは現代の日本において特異な光景だ。部活動の練習というのは一般的にコーチが中心となって行われる。技…

サイド・キックの振り幅が大きくなったときに、負荷の大きさに対応できる人は腕の動きが活発になっていきます。幅の小さいステップのときにはなんとか脚だけで間に合いますが、振り幅が広がれば必然的に全身を使わざるを得なくなります。そのときに流…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. あなたは脚を細かく刻めますか?一歩で大きく移動できるダイナミックな動作というのは魅力です。で…
  2. 今回ご紹介したチームと選手の話というのは特別なものではない。どこにでも誰にでも起こりうる、私たちの日…
  3. 学力偏差値の高い子らは、何でも真面目にやれるし頑張れる。知識も豊富だ。しかしその良さを活用することを…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.42
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その8
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その7
ページ上部へ戻る