menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  4. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  6. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  7. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  10. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:リバウンド

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して行きまし…

バスケットボールを分析しよう!こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析…

ジャンプ・スキルを上達させたいのならば、見たままありのままの現状のジャンプ動作から手がかりを探していくことが有効です。運動生理学で主に出てくる筋力発揮だけに止まらない、様々な運動形成のカギを観察できるでしょう。中でも注目するべきは、…

今回はトルコ代表の基本的なスペーシングをご紹介します。FIBAワールドカップ欧州予選を戦う際、トルコ代表はインサイドの優位性を非常に上手く活用していました。自チームのポストで優位に立てるマッチアップが見つかっている際には的確…

前回まではon ball screenのDFにおける役割分担、責任領域をご紹介しました。今回はSwitchに対して。ミスマッチの不利益よりも、スペースを与えない事を優先している。今回より、on ball screenに対して…

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して…

こんにちは!小谷究です。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して行きましょう。オフェンスリバウンド獲得数である「OR」が多いプレーヤーはオフェンスにおいて主にインサイドでプレ…

前回記事の末尾にて『「DFリバウンドの意識を高める為には、日頃の練習より、「DFリバウンドの意識を高めないとクリアできない/練習ドリルの中で勝者になれないような設定」を施すことが重要になる』と記載しました。上記の考えは、日本体育大学…

ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。今回は実際のシチュエーションを抜き出した方法を紹介したいと思います。◇ディフェンスリバウンドの獲得。2対2の実践ドリ…

これまでにご提案をした内容を踏まえ、引き続き、DFリバウンドの獲得率を高めるアイデアについて考えていきたいと思います。筆者が社会人チームのコーチとして練習計画を立てる際に着目をしたのはコンタクトの部分です。多くのチームがそう…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. かくしてスウェットを着てコートの脇へ外れていたケガ人たちを中へ戻し、半袖短パンになって全員参加による…
  2. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  3. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
ページ上部へ戻る