menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】アウトサイドにおける2o…
  2. 【片岡編集長のプレイブック】戦術14ワールドカップ(チェコのSecon…
  3. 【武学籠球】無意識反射を無くす重要性
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  5. バスケットボールを分析しよう!【「AS」を分析する】
  6. 【片岡編集長のレポート】on ball Screen DF4(Swit…
  7. 【片岡編集長のプレイブック】戦術13 ワールドカップ対戦国2
  8. 【武学籠球】「立つこと」の重要性
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】質問箱を開設します
  10. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「DR」,「TR」を分析…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:リバウンド

前回まではon ball screenのDFにおける役割分担、責任領域をご紹介しました。今回はSwitchに対して。ミスマッチの不利益よりも、スペースを与えない事を優先している。今回より、on ball screenに対して…

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して…

こんにちは!小谷究です。このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して行きましょう。オフェンスリバウンド獲得数である「OR」が多いプレーヤーはオフェンスにおいて主にインサイドでプレ…

前回記事の末尾にて『「DFリバウンドの意識を高める為には、日頃の練習より、「DFリバウンドの意識を高めないとクリアできない/練習ドリルの中で勝者になれないような設定」を施すことが重要になる』と記載しました。上記の考えは、日本体育大学…

ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。今回は実際のシチュエーションを抜き出した方法を紹介したいと思います。◇ディフェンスリバウンドの獲得。2対2の実践ドリ…

これまでにご提案をした内容を踏まえ、引き続き、DFリバウンドの獲得率を高めるアイデアについて考えていきたいと思います。筆者が社会人チームのコーチとして練習計画を立てる際に着目をしたのはコンタクトの部分です。多くのチームがそう…

前回までの記事では、ディフェンスリバウンドの強化を目指す中で『ボールウォッチ』という分類方法、それを撲滅していく必要性や、ゲームの勝敗との強い相関性を紹介していきました。私がコーチを務めるチームでも、ディフェンスリバウンドの重要性を…

引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきたいと思います。本シリーズの序盤でも伝えましたが、ディフェンスリバウンドは、その重要性を選手もコーチも理解しながら、どうしても「0」に…

ピックアップ記事

  1. こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めてい…
  2. 今回は、Czech Republicのプレーを紹介します。同チームとは、2016 年にもFI…
  3. みなさん、こんにちは!最近、バスケ仲間と1on1ばかりしている坂口慎です。先日はその1o…

おすすめ記事

  1. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】アウトサイドにおける2on1の場面での「AS」
  2. 【片岡編集長のプレイブック】戦術14ワールドカップ(チェコのSeconday PnR)
  3. 【武学籠球】無意識反射を無くす重要性
ページ上部へ戻る