【バスケ】初心者でもリバウンドが取れる!実戦で使えるコツと練習法をすべて紹介!

スキルアップ ディフェンス ヒヤマ ココロ リバウンド 練習法

シュートが打たれた瞬間、リバウンドに行ってもうまく取れないことってありますよね。ゴール下は身体がぶつかり合う戦場のようなもの。

そんな中でも、リバウンド争いに確実に勝つ方法があります。

この記事では、必ずリバウンドが取れるようになるコツと練習法を解説していきます。

練習に取り入れることで、初心者でもリバウンドが取れるようになりますよ。

リバウンドとは

リバウンドとは、リングに弾かれ落ちてくるボールを狙って、獲得するためのプレーです。

掴み取れればオフェンスができるチャンスを得られることから、試合で最も重要なプレーといっても過言ではありません。

そのため、リバウンドが上手い選手がいると非常に注目されます。

今回は、リバウンドの中でも「ディフェンスリバウンド」のコツや練習法を紹介します。

ポイントをつかんで、試合の流れを変えられる選手を目指しましょう。

ディフェンスリバウンドのコツ

ディフェンスリバウンドを成功さるコツは、ボックスアウト(スクリーンアウト)を確実にすることです。

リバウンドが取りやすい場所を確保し、相手プレイヤーが中に入ってこられないように押さえます。いかに自由な動きを封じられるかがポイントになってきます。

ボックスアウトの方法とあわせて知っておきたい「確実にリバウンドをとるテクニック」については、こちらの記事を参考にしてみてください。

知っておきたいボックスアウトの方法

ボックスアウト(スクリーンアウト)の方法は3つあります。

  • 背中で取る
  • 半身で取る
  • フルフロントで取る

どのような場面で使い分けるのか、具体的に解説します。

①   背中で取る

背中で取る方法は、ディフェンスリバウンドをする時に一番多い取り方です。

相手を背中においた状態で、両足を肩幅にひらき、腰を落として踏ん張ります。

この時、両腕はしっかり横に広げてガードし、背中にいる相手が前へ出てこないよう防ぎましょう。

ポイントは、必ず自分の身体を相手にぶつけて、相手の動きを把握すること。

相手はオフェンスリバウンドを取ろうと必死にボックスアウトをかわしてくるので、自由に動かせないようにすることが大事です。

②   半身で取る

シュートが打たれた時、自分がリバウンドを取りに行ける位置にいれば、半身でボックスアウトを取るのがオススメです。

  1. 相手に対して垂直になるように入る
  2. 肘をまげてアームでしっかり相手を押さえる
  3. 両足を肩幅にひらき、腰を落として踏ん張ることも忘れずに。

半身で取れると、落ちてきたボールに対してすぐに反応することができます。

③   フルフロントで取る

相手が自分よりも身長が高くフィジカルが強い場合は、フルフロントで相手をリングから遠ざけることに注力しましょう。

背中や半身で取るボックスアウトは、基本的にゴールへ視線を向けますが、フルフロントは真逆。

リングを背にした状態で相手と向き合い、両腕を胸の前でクロスして、とにかく外へ押し出します。

フィジカルが強い選手を相手にした場合は、無理に自分でリバウンドを狙う必要はありません。

チームが確実にリバウンドを取るために、どのパターンが最適なのか判断して動きましょう。

ボックスアウト(スクリーンアウト)のオススメ練習法

ディフェンスリバウンドの練習は、オフェンス役とディフェンス役の2名で行いましょう。

  • オフェンスがシュートを打ちたい場所に立つ
  • ディフェンスは1アーム程離れて、ディフェンスのスタンスをとる
  • オフェンスがシュートを打つ
  • ディフェンスはボックスアウトをしてリバウンドをとる

シュートを打たれた瞬間に、いかに早くボックスアウトができるかがポイント!

相手がまだ空中にいる間にポジション取りをすることで、確実に押さえることができます。

慣れてきたら、オフェンス役の選手にボックスアウトをかわすような動きをしてもらいましょう。自由に動かれないように、意識して取り組むことが大切です。

まとめ

初心者でもリバウンドが上手ければ、チームにとって重要な存在になれます。

そのためにも、まずはボックスアウト(スクリーンアウト)で確実に相手を押さえる練習をしましょう。

ボールが落ちてくる場所にポジショニングしたうえで相手の動きを封じられていれば、リバウンド争いに勝てる確率が高くなりますよ。

今回はリバウンドの中でも「ディフェンスリバウンド」について紹介しました。

次回は「オフェンスリバウンド」のコツをお届けします。ぜひ楽しみにしていてください。

この記事を書いた人:ヒヤマ ココロヒヤマ ココロ
バスケットボール歴5年。現役時代は主にセンターを務めていました。持ち前の体力を活かし、陸上競技や水泳、フィールドホッケーなど、様々なジャンルのスポーツを経験。全国大会や国民体育大会にも出場してきました。現在は二児の母で、ウェブライターとして活動中。このブログでは、スポーツの経験で得た基礎知識や上達するためのノウハウなど、実体験を踏まえた記事を執筆していきます。