menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP THE BALL…
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  3. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  5. 【ディフェンス】現代バスケット界で適応するために必要な、トランジション…
  6. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  7. 【片岡編集長のレポート⑯】強制的にハリーバックをする習慣づくりを紹介し…
  8. 【LINE限定】Bリーグ開幕特別記念!特別SALEが開催します【10月…
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】プロコーチと部活動顧問は…
  10. 【片岡編集長のレポート⑮】トランジションドリルをご紹介します
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:チーム戦術

■戦術指導の時に指導者が陥りやすい「落とし穴」指導書などで学んだ戦術を必死になって学び、次の日、体育館で選手たちに事細かく、説明しても、なぜか、思うようにいかない。あなたもこのような経験を…

愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA U18 Asian Championship 2018が開催されていました。4位以上にワールドカップへの出場権が与えられる今大会、…

長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチームの方も多いのではないかと思います。同時に、ボール運びに対するon ball screenをセットされることで、簡単にボール運びを許…

バスケットボールのオフェンスにおいて、戦術・戦略は、とても重要だということは、あなたもご存じだと思います。もちろん、フリーオフェンスから何点も取れるにこしたことはありませんが、相手も必死に守ってくるため、それだけで得点を取ることは難しい…

前回のメルマガでは、ボール運びを助けるピック&ロールに近しい形に対するオーストラリアのDFローテーションの構造分析を試みました。ボールマンにダブルチームを仕掛ければ、当然ながら、コート上の何処かにパスコースは発生します。そこ…

前回のメルマガでは、ボール運びの中でのDFの中でのOn Ball Screenへの対応について、『Buy Time(時間を奪う)』という考え方を中心に紹介しました。今回は、日本対オーストラリア戦の中、オーストラリアが日本に仕掛けてき…

日本代表男子チームが、ワールドカップ予選で2次ラウンドへの進出を決めた事は、日本中の多くのバスケットコーチ、ファンにとっても非常に喜ばしい出来事になった事と思います。ニック・ファジーカス選手の帰化、八村塁選手の加入によるインパクトも…

チームにセットプレーを導入する際、決まりごとの多さが故に、逆に選手のプレーが膠着してしまって上手く決まらないケースなどもあるのではないでしょうか?B.LEAGUEも来季に向けた各チームの陣容が続々と発表されています最近ですが、昨季の…

前回の配信では、トーステン・ロイブル氏がHCを務めるU16-19男子代表チームの定番プレーでもある、2枚のスクリーンに対してシューターの選手を絡める中でのトリックプレーを紹介しました。今回は、同HC、同チームによる、もう一つのBas…

今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手権(2018)の男子代表チームにおいて、トーステン・ロイブル氏が用いていたBaseline out of boundsプレーを紹介します。…

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 夏場のシーズンが終わり、秋以降の大会を控える時期に差し掛かりました。コーチの皆様は、夏場の大…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 速攻などの速い展開を行うためには、速攻の展開方法を理解することが大前提として重要となります。…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP THE BALL』を強化するドリル
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.4
  3. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
ページ上部へ戻る