menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミン…
  2. 【バスケ動画】ピック&ロールの成功の鍵は●●?
  3. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?
  4. 【ゴール下】高身長相手にシュートを決めるための「アンクルジャンプ」とは…
  5. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?
  6. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」
  7. 【バスケブログ】「LINE@」はじめました!
  8. 【試合で外さないための練習法】クイックシューティングドリルとは…?
  9. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】
  10. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:チーム戦術

今回の講師は名古屋経済大学の重田監督。チームでは、男子、女子の監督を務めています。そんな重田先生と始めて出会ったのは2016年の夏。当時、重田先生の理論を聞いたとき今までの概念が全て崩されたような衝撃を受けました……

こんにちは!先日このようなお問合せをいただきましたのでシェアさせていただきますね。動画でも公開しているので、ぜひご覧くださいね。----------------------------------------…

ドリブルは1vs1を行うには欠かせない技術です。特にアウトサイドの選手であれば、この技術を手に入れることでレギュラーになれるチャンスが、グンっと上がります。しかし、ドリブルが苦…

NBAが開幕しましたね。1節しか終わっていませんが、開幕戦からスーパープレーが続出です。(私は大興奮です。笑)そんな中、私が注目しているのがアウトサイドのプレーについてです。なぜ、アウトサイドのプレーに注目し…

アウトサイドプレイヤーでよくあるのが45度のディナイが厳しくてボールをもらえないことです。しかし、多くの選手は運動量に原因がありパスを受け取れない選手が多いようです。■最大の問題「運動量」パスを受けられな…

スクリーンプレーは、オフェンスを組み立てる上でとても有効になります。しかし、ただスクリーンプレーを行うだけでは意味がありません。どのポジションの選手と行うかで一つのスクリーンで得点を奪うことができます。今…

バスケットは素早い展開で得点を取り合う競技ですが、1試合、ずっと素早い展開で攻められません。なぜなら、ディフェンスも速攻を防ごうとハーリーバックするためです。そうなると、ハーフコートで攻めなければいけないのですが……

インサイドプレイヤーの得点は2種類あると考えます。一つ目はセンタープレーを用いて自ら得点を奪う選手です。こういった選手はインサイドを制圧するほどパワフルなので、ディフェンスしている場合は厄介な選手…

今回は、「プリンストンオフェンス」をご紹介したいと思います。プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出したオフェンスシステムのことです。ピート・キャリル氏はサクラメント・キン…

今回は「アーリーオフェンスマニュアル」DVDについてご質問をいただいたので、シェアさせて頂きますね。【質問】「アーリーオフェンスマニュアル」を購入したYです。今、自分のチームで練習していま…

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで最も警戒しなければいけないのは相手のスピードに置いていかれて、抜き去られる時で…
  2. ■ピック&ロール 成功の鍵とは…?先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習して…
  3. ディフェンスは正しい姿勢を身に付けることで効率的に動けるようになります。その結果、オフェンスに何…

おすすめ記事

  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミング【上達法】
  2. 【バスケ動画】ピック&ロールの成功の鍵は●●?
  3. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?
ページ上部へ戻る