【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.69「つま先ストップがダメな理由」

スキルアップ トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

本レポートにおいて、構えやストップの話は何度もしてきました。

腰を落とした床への踏ん張りをつくれることが、バスケットボール・スキルの向上に大きく貢献します。それ自体が一つの重要スキルと言えます。

先日も、力強いストップをつくることをテーマに練習をしていたのですが、特徴的な動きがありましたのでご紹介したいと思います。

二つの動画を見て頂きます。

ひとつめはストップの際につま先で接地している選手です。

動画1(IMG_3202)

構えを見れば大変上手で、良い止まり方ができていると大抵はそう捉えるのですが、もう少し目を凝らしてみましょう。

足がつま先になっています。なんだか突っ張るようにしてブレーキを掛けているように見えませんか?

足を突っ張って棒のようにして使い、その作用で勢いを止めています。

これは見た目と違い、股関節や腰回りには踏ん張りが利いていません。足先に力が入ってしまい、強張った止まり方になっています

全体として前へ突っ込むような動きになってしまいますから、上半身がやや前のめりになります。

もし床やシューズが滑りやすい状態であれば、これはできません。

きちんとスクワットをして腰で踏ん張ることができると、次のようになります。

動画2(IMG_3199)

前へミートしても着地は下方向です。踵から接地していますね。しっかり股関節を折り曲げてそこで勢いを止めています。

これが本当に正しいストップモーションです。

足裏がつま先であるか踵であるかは大きな問題ではなくて、體のどこに力を入れて止まっているかが重要なことです。

もう一度、股関節の動きをトレーニングし直したいと思います。

 

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます