【バスケ】基本姿勢の大切さ「バスケットボールポジション」とは!?

オフェンス スキルアップ ディフェンス トレーニング 指導法 練習メニュー 育成法

一般的に「基本姿勢を取る」「構える」とよく言われますが、そんなに大切なのでしょうか。

上手い選手の余裕があるプレーは憧れますが…ふら~っと始めているようにも見えるカッコイイプレーにこそ、その前の基本姿勢がとても重要なのです。

今回は、基本姿勢…構えのポイントとその重要さをご紹介したいと思います。

■ 別名「バスケットボールポジション」

バスケットにおける基本姿勢とは、コンマ数秒単位で変わる状況に素早く対応するためであり、ゲーム中は維持することが望ましいです。

・足は肩幅くらいに開く
・股関節から折って腰を落とす膝を曲げる
・背筋を伸ばす

この3つがポイントとなります。

バスケットボール特有の姿勢であることから「バスケットボールポジション」と呼ばれます。

目安となるのは、肩・膝・つま先が一直線になることです。

一般的には、『膝を曲げて腰を落とす』と言われますが、筆者は『股関節を折る』と言うようにしています。

なぜかと言うと、股関節が折れていないと肩・膝・つま先が一直線になりらないからです

 

◎「股関節を折る」とは

足の付け根に指を当てて、その指を挟むようにお尻を突き出します。

お尻を突き出しながら腰を落としていくと自然に膝が曲がります。

力を入れずに高さをキープできる姿勢で止めます。

上記の3つのポイントはプレーを通じて変わりませんが、オフェンス時とディフェンス時は若干の違いがあります

次は、オフェンス時とディフェンス時の違いを見ていきましょう。

 

■ オフェンス時の基本姿勢

ボールを持っているときの姿勢は「トリプルスレッドポジション」「スリースレッドポジション」と言われ、シュート・パス・ドリブルの3つの動作が即座に行える姿勢です。

ボールを持つ手は指が上を向いて肘を少し外側に張ってボールを取られないようにします。

つまり、棒立ちでは準備の体勢が取れていないためこの3つの動作が即座に行えません。

少し腰を落とした低い姿勢で構える必要があります。

個人差があるので、楽に構えられて即座にプレーができる、ちょうどいい高さを見つけるといいと思います。

ボールを持たない状況はポストアップのときなどがあり、強くディフェンスを押さえてポジションを確保することから「パワーポジション」と呼ばれます。

 

■ ディフェンス時の基本姿勢

オフェンス時に比べて、少し足幅を広く重心を落とした低い姿勢を取ります

これは、相手の動きに素早く対応できるようにするためです。

 

◎オフボールマンをマークするとき

ヘルプに重点をおくオープンディフェンスと、パスカットに対応するディナイディフェンスがあります。

オープンディフェンスは、両手を広げてボールマンとマークマンをそれぞれ指差し、自分を頂点とした三角を作る位置で構えます。

ディナイディフェンスは、両手を90度くらいに広げてV字を作りその中にマークマンを囲むような感じで構えます。

ボールサイドに手のひらを向け、パスカットに対応できるようにしておきます。

 

◎オンボールマンをマークするとき

パスやシュートに速やかに対応できるように腕をだらーんとせずに顔くらいの高さまで上げておきます。いわゆる「ハンズアップ」ですね。

相手がドリブルを始めるときは、さらに腰を低く落とし手を下げてボールの高さへと伸ばします

 

■ まとめ

いかがでしたでしょうか?

バスケットボールポジション、バスケットにおける基本姿勢をご紹介しました。

・足は肩幅くらいに開く
・股関節から折って腰を落とし膝を曲げる
・背筋を伸ばす

この3つが基本姿勢のポイントです。

また、基本姿勢を取ることで、

・オフェンス時とディフェンス時の構えに若干の違いがある

・腰を落として重心を低くすることで素早い動きに対応できる

このようなメリットがあります。

良いプレーをするためにも、基本姿勢を大切にして、ぜひ練習や指導の参考にしてみてください。

 

■ おまけ

筆者が指導するミニバスチームには、何度説明しても基本姿勢を取れない女子選手がいます。

足が速いので追いつけますが、常に棒立ち状態なのですぐに抜かれます(笑)

先日、時間をかけて基本姿勢のフットワークを行いました。

その日のラリーは、全員のディフェンスが見違えるようによくなりました。

やはり構えるって大事です!

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加