menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  4. 【小谷コーチの分析バスケ】ボックススコアから紐解くバスケ
  5. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic 6
  6. 【武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】自分の時間
  8. 【小谷コーチの分析バスケ】フリースローからプレースタイルを予想する
  9. 【片岡編集長のレポート】 3men Automatic 5
  10. 【武学籠球】武学の応用例「ディフェンス編」
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:リバウンド

前回記事の末尾にて『「DFリバウンドの意識を高める為には、日頃の練習より、「DFリバウンドの意識を高めないとクリアできない/練習ドリルの中で勝者になれないような設定」を施すことが重要になる』と記載しました。上記の考えは、日本体育大学…

ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。今回は実際のシチュエーションを抜き出した方法を紹介したいと思います。◇ディフェンスリバウンドの獲得。2対2の実践ドリ…

これまでにご提案をした内容を踏まえ、引き続き、DFリバウンドの獲得率を高めるアイデアについて考えていきたいと思います。筆者が社会人チームのコーチとして練習計画を立てる際に着目をしたのはコンタクトの部分です。多くのチームがそう…

前回までの記事では、ディフェンスリバウンドの強化を目指す中で『ボールウォッチ』という分類方法、それを撲滅していく必要性や、ゲームの勝敗との強い相関性を紹介していきました。私がコーチを務めるチームでも、ディフェンスリバウンドの重要性を…

引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきたいと思います。本シリーズの序盤でも伝えましたが、ディフェンスリバウンドは、その重要性を選手もコーチも理解しながら、どうしても「0」に…

ピックアップ記事

  1. 引き続き、FIBA EURO2017でのLATVIAのオフェンスからのお話です。本プレー…
  2. こんにちは!坂口慎です。前回は・百人百派・自分はもともとすごいということにつ…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.16
ページ上部へ戻る