リバウンドに関する記事一覧


スキルアップ ディフェンス リバウンド 練習メニュー

シュートが打たれた瞬間、リバウンドに行ってもうまく取れないことってありますよね。ゴール下は身体がぶつかり合う戦場のようなもの。そんな中でもリバウンド争いに確実に勝つ方法があります。 この記事では、必ずリバウンドが取れるようになるコツと練習法を解説していきます。練習に取り入れることで、初心者でもリバウンドが取れるようになりますよ。

オフェンス スキルアップ リバウンド 関野 日久

ボール運びをミスするとシュートの本数が減ってしまい、シュートの確率が同じくらいの相手でも得点差がついてしまいます。 リバウンドを支配されると相手にシュートの本数を増やされてしまい、シュートの確率が低い相手にも負けてしまいます。 今回は、味方のオフェンス回数を増やすことのできるオフェンスリバウンドがもつ、さまざまな効果・影響をご紹介します。

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス リバウンド 動画 指導法 指導者 片岡 秀一 育成法

今回は、ベルギー代表チームのオフェンリバウンドの様子から考察していきましょう。 シュートに対し、コーナーに位置する#9が一目散にスプリントバックをしている事に注目しましょう。 勿論、ここでリバウンドに飛び込めば、リバウンドを取れた可能性がゼロではありません。 しかし、マッチアップはスイッチしておらず、元々のマークマンのままです。また、DFを崩せた上でのシュートでもないので、DF側にズレもありません。

スキルアップ ディフェンス リバウンド 動画 指導法 指導者 片岡 秀一 育成法

今回は、ローポストにボールが供給された後の展開を通じ、女子代表チームの取り組みを分析していきたいと思います。 女子代表チームはポストにボールが供給される前にも全身全霊で戦います。本映像では、オコエ桃仁花選手がローポストの攻防で奮闘します。今回はボールがローポストに供給されました。その後、吉田選手がダブルチームでボールマンにプレッシャーを掛けに行きます。

スキルアップ リバウンド 指導法 練習メニュー 育成法

『リバウンドを制すものは試合を制す』 これはよく言われる言葉です。一度は聞いたことあると思います。 言葉だけではなく本当に試合を左右する大きな要素ですが、指導となるとなかなか難しいですよね。 運動能力の低い子、理解するのに時間がかかる子、コツをつかむまで時間がかかる子。 目の前にいる選手はそんな、あまり能力の高くない子が多いのが現実ですね。