menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.54
  2. 【バスケ】強いチームは外さない!?レイアップを確実に決めるためには。
  3. 【バスケ】ワンランクアップ!大きくミートするための練習法
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.53
  5. 【バスケ】これを使えば1対1が格段にやりやすくなる!「ミート」とは
  6. 【バスケ】1対1のディフェンス時にどこを見るのがいいのか
  7. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  8. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  10. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:教材

バスケットボールにおいて、シュートは花形ともいえるでしょう。試合中に訪れる、ここぞの場面で決めるシュートは、本当にカッコいいですよね。そのジャンプシュートを決めるために必要なのが、「精度」です。試…

今、バスケットボール界では、今倉コーチが提唱する「FOREST理論」がちょっとした「ブーム」になっています。これまでと180度違うシュート理論を実践された方々から「飛距離」と「精度」が格段に上がった!と多くの方から喜びの声をいただき…

あなたはドリブル指導する時、どのように選手へポイントを伝えていますか?また、どんなことを意識されていますか?もしかすると「細かいテクニックばかり」を注意していませんか?「ドリブルは技術面よりも教えないといけないことが…

先日、DVD教材でも講師を務めていただいている星澤純一先生のレッスン会に参加してきました!そのレッスン会の模様を撮影いただく許可もいただいたので、あなたにもシェアさせていただきますね!初回となる今回はディフェンスの「姿勢」に…

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

こんにちは。坂口慎です。今回は先日リアルスタイルさんからリリースされた「ナチュラルパーフェクトシューティングシステム~まったく新しいシュート理論~講義編」について僭越ながらレビューさせていただきます。このDVDを観るに当たっ…

今回は、諸外国のシュートフォーム事情について考えてみたい。確かな証拠があるわけではないが、バスケットボールに競技として取り組む国の中、ツーハンドの文化が残っているのは日本と一部の東アジア地域に限られると聞いたこと…

前回記事では、ワンハンドシュートの利点とFOREST理論の背景を紹介した。今回は、キャッチ&シュートのシチュエーションの観点から考えていきたいと思う。仮に「シュートスポット」という言葉を、「選手がシュート…

ワンハンドでの3Pシュートについての潮流は前回に記載した通りである。日本代表クラスでのエピソードとして紹介をしたが、各カテゴリーの競技でも同様の考察が可能である。それについては後述する。ワンハンド…

近年、日本の女子バスケ界は素晴らしい戦績を残している。2013年にFIBAアジア大会で優勝を皮切りに2014年ワールドカップに出場。2015年もアジア大会で優勝すると、2016年のリオ五輪へ出場。…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. ※お知らせこちらの記事は、新型コロナウイルス感染が広がる前に執筆した記事となります。&n…
  2. バスケットボールにおいて、レイアップシュートというのは決して無視できないシュートです。速攻で…
  3. 前回、ミートの種類と練習方法についてご紹介しました。1対1の成功率やチー…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.54
  2. 【バスケ】強いチームは外さない!?レイアップを確実に決めるためには。
  3. 【バスケ】ワンランクアップ!大きくミートするための練習法
ページ上部へ戻る