menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 坂口慎の【武学籠球】バスケクリニックなのに寝技をし始める?
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】いまこそ「キャプテン」を…
  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「eFG%」を導く
  4. 坂口慎の【武学籠球】バスケ歴数ヶ月の武学の先輩がディープスリー?
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.27
  6. 【バスケ】指導者は必見のポストマンディフェンスの「基本」
  7. 【バスケ】横ズレをなくすためのシューティングライン
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「3P%」と「2P%」の…
  9. 【バスケ】一人で行える“効率的”シュート練習法
  10. 【坂口慎の武学籠球】Harden選手の片脚ステップバックシュート
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:教材

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

こんにちは。坂口慎です。今回は先日リアルスタイルさんからリリースされた「ナチュラルパーフェクトシューティングシステム~まったく新しいシュート理論~講義編」について僭越ながらレビューさせていただきます。このDVDを観るに当たっ…

今回は、諸外国のシュートフォーム事情について考えてみたい。確かな証拠があるわけではないが、バスケットボールに競技として取り組む国の中、ツーハンドの文化が残っているのは日本と一部の東アジア地域に限られると聞いたこと…

前回記事では、ワンハンドシュートの利点とFOREST理論の背景を紹介した。今回は、キャッチ&シュートのシチュエーションの観点から考えていきたいと思う。仮に「シュートスポット」という言葉を、「選手がシュート…

ワンハンドでの3Pシュートについての潮流は前回に記載した通りである。日本代表クラスでのエピソードとして紹介をしたが、各カテゴリーの競技でも同様の考察が可能である。それについては後述する。ワンハンド…

近年、日本の女子バスケ界は素晴らしい戦績を残している。2013年にFIBAアジア大会で優勝を皮切りに2014年ワールドカップに出場。2015年もアジア大会で優勝すると、2016年のリオ五輪へ出場。…

あなたはシュートにおいて、このように教えられたことはありませんか?私も何十年とプレーをしていますが、 ゴールに対して正対したスタンスを取る 2Lの形でフォームを固定 スクワット動作で膝をグッと曲げて、真上にジャ…

バスケットボールの華といえるプレー。それが「シュート」です。シュートは誰もが欲するスキルです。私は9歳の頃、初めてバスケットボールに出会いました。幼少期の頃、自宅近くの公園にリングが設置され、興奮…

本DVDには、競技レベル、競技カテゴリーを問わずに多くの指導者に刺激を学びを与える内容である。それが筆者の確信に近い感想である。それでも、特に下記2領域のコーチにとって大きな刺激を与えるのではないかと感じている。 &…

バスケットボールを取り巻く環境が変化している。コーチも選手も変化に適応していかないと生き残れない。特に、コーチは選手に対して、決して小さくはない責任を持つ。コーチの学びが深まれば深まるほどに、競技者のバスケット人生に…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんにちは。坂口慎です。前回は僕の武学の先輩が、バスケ…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めてい…

おすすめ記事

  1. 坂口慎の【武学籠球】バスケクリニックなのに寝技をし始める?
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】いまこそ「キャプテン」を考えよう その3
  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「eFG%」を導く
ページ上部へ戻る