【バスケ】ゴールに正対しろ!と指導すると精度が下がる理由がコレ↓【シュート】

シュート スキルアップ 今倉定男 動画 指導者

あなたは選手たちに指導する時、ゴールに対して正対しろ!と指導したことはありませんか?

実は、正対することである筋肉が使えずに、腕の力だけでボールをコントロールしなければいけなくなってしまいます。

ゴールに対して正対しない方が、ある筋肉で飛距離を出せて、腕の筋肉はコントロールのみに集中できるため、自ずと精度が上がってきます。

本日は今倉コーチにそのメカニズムを解説していただきました。.

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます