【動画あり】ショート・ミドルレンジからのシュート精度を上げるには?

DVD シュート 今倉 定男 動画 指導法 練習法 育成法

ボールをコントロールするための持ち方

今から、ある一つの質問を問いかけます。

  • Q.シュートを打つ際に、ボールはどのように持ちますか?

あなたは、シュートを打つ際にどのやってボールを持ちますか?

結論を先に言うと、手のひらをボールにべた付けにして持ちます。

ボールをコントロールするだけだったら、指先でボールを扱うほうが良いんです。

しかし、今回はべた付けすることを大前提に考えていきます。

なぜなら、シュート精度を上げるために、ボールを強く押してコントロールする必要があるからです。

そして、ボールを強く押しだしてコントロールするためには、べた付けが必要なんです。

だから、べた付けをすることが大前提になってくるんです。

なぜ、べた付けをするのか?

昔は、指先でボールを扱っていた時がありました。

それは、コントロールだけを意識していたからです。

それは、BEEF理論と言って、3Pシュートがまだない時代の理論だったから、コントロールを重視して指先で持つことを重視していました。

しかし、今の時代はべた付けが大前提なため、まずはべた付けをします。

そんなべた付けをしながらコントロールを意識するのは、難しいです。

親指と小指

では、同じべた付けでも、生命線の小指側と親指側ではどっちがコントロールしやすいでしょうか。

答えは、親指より小指側の方がコントロールしやすいんです。

わかりやすいように、ボールを小指側でチョップしながらドリブルしてみましょう。

実践してみるとわかると思いますが、普通にコントロールできると思います。

では、次に逆の親指側でドリブルをしてみてください。

今度は、やりづらかったと思います。

親指側より小指側の方が、コントロールしやすいですよね?

そんな小指側の方がコントロールしやすいため、シュートを打つ構えの時はボールを小指側に乗せます。

この時に、小指側にボールが乗っていたら、勝手にボールコントロールができるんです。

詳しくは、こちらの動画をご確認ください↓

さらに詳細を知りたい方は、こちら

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp

この記事を書いた人:バスケットボール上達編集部バスケットボール上達塾 編集部
私たち編集部は、重田恒文さんや星澤純一さん、金田伸夫さん、今倉定男さんなど有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。