menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  4. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
  5. 【片岡編集長のレポート③】ミドルラインにおけるスペーシングと「dish…
  6. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  7. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合わせ方…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【バスケメルマガ】また1人、新しい仲間が加わります!
  10. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:チーム戦術

今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手権(2018)の男子代表チームにおいて、トーステン・ロイブル氏が用いていたBaseline out of boundsプレーを紹介します。…

ディフェンスで最も警戒しなければいけないのは相手のスピードに置いていかれて、抜き去られる時です。そんな時に多くの選手は、スライドステップから、クロスステップにフットワークを切り替えるのですが、この…

■ピック&ロール 成功の鍵とは…?先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習しています。理由として、スペースを有効に活用するためです。あなたはピック&ロールを指導されるとき、どのようなことを指導されますか?…

バスケットボールにおいてのシュートはゴールとの距離が近くなればなるほど確率が高くなります。しかし、自分よりも背の高い相手が目の前にいるとシュートチェックされる確率もグッと上がってしまいます。そ…

試合でピックアンドロールを使える選手と使えない選手の「違い」とは…?レギュラーシーズンも後半に入ったNBAですが現在バスケの主流となっているピックアンドロールから、得点チャンスを作り出しているシーンを多く見かけます。…

インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。なぜなら、ゴールとの距離が近いためスクリーナーとなり、相手を抑えるフリをしながら自身が身体を回転(ロ…

あなたはどのように、普段の練習メニューを組まれていますか?実は、練習メニューの組み方に一手間工夫を行うだけで、試合でも持っている力を発揮できる選手を育成できます。試合に強い選手を育てられる練習メニューとは…

昔に比べて、現代バスケはアウトサイドの得点力が各段にアップしています。少し前なら、ガードは「ゲームを組み立てる」とタクトを振るように周りの選手を活かす選手が多かったように思います。しかし、現在ではゲームを組み立てることは…

週末にBリーグやNBAを見ていました。少し前の試合展開ならアウトサイドは速攻の起爆剤、またはゲームメイクがストロングポイントとなる選手が多かったですが、現代バスケでは、「得点力」を求められるポジションだと…

ローポストの面取りの方法は前回お伝えしましたが、本日は、実践テクニックについてお伝えしたいと思います。上手く目の前で面取りされるとディフェンスは、これでもかという程、守りにくくなります。…

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 前回までのメルマガでは、U16代表チームや、B.LEAGUEのプレーより、ドライブからの状況判断につ…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャンスを作るオフェンス戦術
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよう その4
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
ページ上部へ戻る