menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  2. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  4. 【ディフェンス】現代バスケット界で適応するために必要な、トランジション…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  6. 【片岡編集長のレポート⑯】強制的にハリーバックをする習慣づくりを紹介し…
  7. 【LINE限定】Bリーグ開幕特別記念!特別SALEが開催します【10月…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】プロコーチと部活動顧問は…
  9. 【片岡編集長のレポート⑮】トランジションドリルをご紹介します
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:シュート

今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手権(2018)の男子代表チームにおいて、トーステン・ロイブル氏が用いていたBaseline out of boundsプレーを紹介します。…

新入生が入部して、そろそろ1ヶ月近くが経とうとしています。3年生から1年生まで全ての選手を観ることは非常に困難であり、効率的な練習法を求められます。そこで、この練習法を試してみてはいかがでしょうか↓効率的な練…

■ピック&ロール 成功の鍵とは…?先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習しています。理由として、スペースを有効に活用するためです。あなたはピック&ロールを指導されるとき、どのようなことを指導されますか?…

バスケットボールにおいてのシュートはゴールとの距離が近くなればなるほど確率が高くなります。しかし、自分よりも背の高い相手が目の前にいるとシュートチェックされる確率もグッと上がってしまいます。そ…

シュートで大切なのはフォームですが、試合中には、固めたフォーム通りに打てない場面が次々に起こります。その中でも、しっかりと「バランス」を保つ事が大切です。そこで、本日はディフェンスに崩されたことを想定した練習法を紹介…

■質問試合になるとシュートが入らなくなります。これは技術的な部分に問題があるのでしょうか?それとも、練習方法に問題があるのでしょうか?仕事も忙しくあまり時間が取れないので、短い時間で学べる方法があれば嬉しいのです…

あなたの選手たちは練習前にはどのような時間の使い方をされていますか?・仲間とダラダラ話をしている・練習前にストレッチをしている・チームメイト達と遊びながらシュート練習・1vs1をしている練習前の使い方…

インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。なぜなら、ゴールとの距離が近いためスクリーナーとなり、相手を抑えるフリをしながら自身が身体を回転(ロ…

【質問】先日、古武術バスケを購入した者ですが、金田さんに質問です。肋骨、骨盤を潰すための練習方法とビッグマンを外に押し出す技術の練習方法を教えてください。【回答】1.肋骨、骨盤を潰すための練習方法…

昔に比べて、現代バスケはアウトサイドの得点力が各段にアップしています。少し前なら、ガードは「ゲームを組み立てる」とタクトを振るように周りの選手を活かす選手が多かったように思います。しかし、現在ではゲームを組み立てることは…

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 速攻などの速い展開を行うためには、速攻の展開方法を理解することが大前提として重要となります。…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.4
  2. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチームに入部する是非 その2
ページ上部へ戻る