バスケ|シュートの成功率をあげろ!初心者が簡単にできる練習とは?

オフェンス シュート スキルアップ ヒヤマ ココロ 練習法

バスケで得点を決めたいなら、シュート力を強化する必要があります。とはいえ「どのように練習したらいいか分からない」「コーチに言われるとおりに取り組むだけではダメなの?」と悩む人は意外に多いものです。

この記事では、シュート率を上げるための練習方法やシュートフォーム改善について紹介します。シュート強化を目指したい人は、ぜひ記事を読んで練習に取り組んでみてください。

バスケ|シュート練習はフォーム改善から

バスケのシュート練習をするときは最初から打つことに注力するのではなく、まずシュートフォームの改善に取り組みましょう。正しいフォームで打てているのか、もっと良くなるポイントはないかを見直すだけで、綺麗なシュートが打てるようになり、得点率がアップします。まずは、綺麗なシュートフォームを整えるためのポイントを押さえておきましょう。

1.正しくボールを持つ

正しいシュートフォームは、ボールの持ち方から始まります。ツーハンドシュートなら床に置いたボールを両手で掴んだときの持ち方、ワンハンドなら利き手でボールをベタ持ちし、もう片方の手でしっかり支えます。ボールの持ち方ひとつでシュートの打ちやすさや扱いやすさが変化するので、意識しなくても正しく持てるようにしておきましょう。

2.腰を落として安定姿勢

ボールをもらったあとの姿勢は、足を肩幅に開いて腰を落とし、パワーポジションを意識してください。決してへっぴり腰になってはいけません。下半身の力をダイレクトにボールへ伝えるには、身体の中心に1本の芯が通っていることをイメージするのがポイントです。

3.脇を締めて肘が開きすぎないように

バスケ初心者の中には、フィニッシュ体勢に入ったとき脇が開きすぎて、両腕・両肘が一直線になる人がいます。この状態だと腕の力だけでボールを放つことになり、飛距離がまったく伸びません。
正しいフォームは脇を締め、肘が開きすぎないよう意識してください。

4.シュートは決まったポイントをねらう

シュートを放つときは、どこから打つにしても必ず決まったポイントをねらいましょう。バックボードであればサポートエリア、直接リングに入れるならじゃっかん手前を狙うと上手く入ってくれます。ただし、ねらうポイントは人によって差があるので、シュート練習でコツを掴むのが良いでしょう。

5.放ったあとはフォロースルーを確実に

シュートを放ったら終わりではなく、手首のスナップや腕の伸びといったフォロースルーを確実に行いましょう。最後まできちんとしてこそ綺麗なシュートフォームが完成し、得点率もアップします。

6.全体的なリズムを大切にする

シュートフォームとは、打つときの姿勢のみを指す言葉ではありません。正しくはボールをもらうところから始まっているため、シュート練習をするときは「もらう・姿勢をとる・打つ」の流れをリズムよくできるよう取り組んでください。

この一連の動作・リズムが身体に染み込めば、打つときの体勢が多少崩れていたとしても得点に繋がる確率が高くなるのです。

バスケ|得点率が上がるシュート練習

シュートフォームが整ったら、次はひたすら打つ練習です。先ほど説明した綺麗なフォームを意識しながら、シューティング練習に取り組んでください。今回は比較的打つ機会が多いリング下ミドル位置からのシュート練習を紹介します。

リング下:マイカンドリル

リング下のシュート練習といえば、マイカンドリルです。リング下45度の位置を左右行き来しながらジャンプシュートを打ちます。疲れてくるとボールを落としてしまったり、ねらうポイントがズレてきたりしますが、なるべくそうならないよう20~30回連続で行うのがおすすめです。

マイカンドリルの詳細は、リング下シュートの記事で詳しく説明しています。図解で分かりやすいのでぜひ参考にしてみてください。

ミドル位置:プレッシャーシュートドリル

ミドル位置からのシュート練習は、実戦を想定してディフェンスを付けたメニューがおすすめです。とはいえ、あくまでもシュート練習がメインなので、ディフェンス役の人は厳しく付くのではなく、ハンズアップでプレッシャーを与えるのみに留まってください。いかにプレッシャーのなかで正確なシュートが放てるかがポイントで、感覚を養うことができていれば試合のディフェンスが厳しいなかでも得点を決められるようになります。

練習手順は、以下のとおりです。

  1. 45度のミドル位置でOFとDFが向かい合わせに立つ
  2. DF:OFへボールをパスし、ハンズアップ
  3. OF:DFからパスをもらい、プレッシャーをかわしてシュート

慣れてきたらワンドリブルフェイクを入れて、より実戦を意識できると更なるスキルアップにつながります。

バスケ|シュート練習は綺麗なフォームでひたすら打とう

バスケでシュート率を上げたいなら、綺麗なシュートフォームでひたすら打つのがポイントです。どんなにシュート率が高く優れた選手でも、才能だけで上手くなれているわけではありません。基礎的な部分を見つめなおしたり、人一倍練習を重ねたりして名プレーヤーに成長していくのです。シュート力強化に悩んでいる人は、この機会にぜひチャレンジしてみてください。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp
この記事を書いた人ヒヤマ ココロ
バスケットボール歴5年。現役時代は主にセンターを務めていました。持ち前の体力を活かし、陸上競技や水泳、フィールドホッケーなど、様々なジャンルのスポーツを経験。全国大会や国民体育大会にも出場してきました。現在は二児の母で、ウェブライターとして活動中。このブログでは、スポーツの経験で得た基礎知識や上達するためのノウハウなど、実体験を踏まえた記事を執筆していきます。