menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  4. 【小谷コーチの分析バスケ】ボックススコアから紐解くバスケ
  5. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic 6
  6. 【武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】自分の時間
  8. 【小谷コーチの分析バスケ】フリースローからプレースタイルを予想する
  9. 【片岡編集長のレポート】 3men Automatic 5
  10. 【武学籠球】武学の応用例「ディフェンス編」
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:パス

速攻などの速い展開を行うためには、速攻の展開方法を理解することが大前提として重要となります。しかし、あなたのチームも普段からその理解度を深めるために、練習に励まれていると思います。それでも、多くのチームが行えないのはなぜか?…

本メッセージでは、映像教材の中での指導内容の大きな流れについて紹介する事を試みたい。「単純性、連続性、融通性」のキーワードと共に、『超シンプル化シャッフルオフェンス』の起源、着眼点、コンセプトや現代のバスケット界の潮流の中における優…

前回のメッセージでは、『超シンプル化シャッフルオフェンス』をDVDの中で提唱されている星澤純一氏の競技経験や、戦術の選定や考案の裏側に潜む指導哲学、スポーツ観、心構えに対して本稿筆者の感じた事をお伝えした。今回は「体系化された一つの…

本DVDの講師を務める星澤純一氏は、日本バスケット界で数々の偉業を成し遂げた名将だ。インターハイ・ウインターカップ優勝という実績と共に、金沢総合高等学校(元・富岡高校)を取り巻く環境は、他強豪高校と比べると異質ともいえる。県…

■戦術指導の時に指導者が陥りやすい「落とし穴」指導書などで学んだ戦術を必死になって学び、次の日、体育館で選手たちに事細かく、説明しても、なぜか、思うようにいかない。あなたもこのような経験を…

愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA U18 Asian Championship 2018が開催されていました。4位以上にワールドカップへの出場権が与えられる今大会、…

前回のメルマガでは、ボール運びの中でのDFの中でのOn Ball Screenへの対応について、『Buy Time(時間を奪う)』という考え方を中心に紹介しました。今回は、日本対オーストラリア戦の中、オーストラリアが日本に仕掛けてき…

チームにセットプレーを導入する際、決まりごとの多さが故に、逆に選手のプレーが膠着してしまって上手く決まらないケースなどもあるのではないでしょうか?B.LEAGUEも来季に向けた各チームの陣容が続々と発表されています最近ですが、昨季の…

前回の配信では、トーステン・ロイブル氏がHCを務めるU16-19男子代表チームの定番プレーでもある、2枚のスクリーンに対してシューターの選手を絡める中でのトリックプレーを紹介しました。今回は、同HC、同チームによる、もう一つのBas…

今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手権(2018)の男子代表チームにおいて、トーステン・ロイブル氏が用いていたBaseline out of boundsプレーを紹介します。…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 引き続き、FIBA EURO2017でのLATVIAのオフェンスからのお話です。本プレー…
  2. こんにちは!坂口慎です。前回は・百人百派・自分はもともとすごいということにつ…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.16
ページ上部へ戻る