menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  4. 【バスケ】 オフェンスリバウンドのリターン、そしてリスクについて
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  6. 【片岡編集長のレポート】良いトランジションディフェンスと悪いトランジシ…
  7. 【片岡編集長のレポート】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP T…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  9. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密【バス…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:パス

トーステン・ロイブル氏をHCとしてFIBA U16 アジア選手権大会へと挑んだ男子代表チーム。今夏、アルゼンチンで開催されるU-18FIBAワールドカップへの出場権こそ逃しましたが、レバノン、インド、韓国を相手に3連勝をし、予選リー…

新入生が入部して、そろそろ1ヶ月近くが経とうとしています。3年生から1年生まで全ての選手を観ることは非常に困難であり、効率的な練習法を求められます。そこで、この練習法を試してみてはいかがでしょうか↓効率的な練…

■ピック&ロール 成功の鍵とは…?先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習しています。理由として、スペースを有効に活用するためです。あなたはピック&ロールを指導されるとき、どのようなことを指導されますか?…

週末にBリーグやNBAを見ていました。少し前の試合展開ならアウトサイドは速攻の起爆剤、またはゲームメイクがストロングポイントとなる選手が多かったですが、現代バスケでは、「得点力」を求められるポジションだと…

ローポストの面取りの方法は前回お伝えしましたが、本日は、実践テクニックについてお伝えしたいと思います。上手く目の前で面取りされるとディフェンスは、これでもかという程、守りにくくなります。…

NBAが開幕しましたね。1節しか終わっていませんが、開幕戦からスーパープレーが続出です。(私は大興奮です。笑)そんな中、私が注目しているのがアウトサイドのプレーについてです。なぜ、アウトサイドのプレーに注目し…

バスケットは素早い展開で得点を取り合う競技ですが、1試合、ずっと素早い展開で攻められません。なぜなら、ディフェンスも速攻を防ごうとハーリーバックするためです。そうなると、ハーフコートで攻めなければいけないのですが……

インサイドプレイヤーの得点は2種類あると考えます。一つ目はセンタープレーを用いて自ら得点を奪う選手です。こういった選手はインサイドを制圧するほどパワフルなので、ディフェンスしている場合は厄介な選手…

今回は、「プリンストンオフェンス」をご紹介したいと思います。プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出したオフェンスシステムのことです。ピート・キャリル氏はサクラメント・キン…

こんにちは!今回は速攻時のサイドアウトについて、ご質問をいただきましたのでシェアさせていただきますね。【質問】いつもメルマガ、楽しく読ませていただいています。今回の内容(速攻)につ…

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 前回までは、防げたかもしれない失点を防ぐための手法の一つとして、トランジションディフェンスを中心に扱…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その3
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結する理由
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その2
ページ上部へ戻る