関野 日久に関する記事一覧


オフェンス シュート スキルアップ 指導法 関野 日久

バスケットボールの場合、最も顕著な例として、ここ数年でユーロステップやステップバックなどのステップの技術が大きく変わりました。 ギャザーステップ(0ステップ)という考え方も広まり、豊富なステップの使い方が産み出されたのです。 このような記述の進化とは別に戦術も進化しています。今回は、今最もオフェンスで狙うべき2つの方法をご紹介します。

シュート スキルアップ 練習法 関野 日久

90年代、あるNBA選手により用いられたそのシュートは現在のNBAでも広く使われ、1対1では守ることがとても難しいです。そのシュートとは、フェイダウェイシュートです。 マイケル・ジョーダンが好んで使ったこの技は、その後も時代を代表する選手たちが彼の動きを真似て多用し、ポストプレーでの強力な選択肢となっています。今回は、防御不可能とも言われるフェイダウェイシュートについてご紹介します。

スキルアップ ドリブル 練習法 関野 日久

さまざまなワークアウトやハンドリングメニューがあり、数多のドリブルの技があります。 それらはメニューとして形態化され、NBA選手が自身で行ったものやアメリカでの流行が日本にきていますが、どのようなドリブルをつく時も必要とされる能力があります。 それは緩急をつけることです。今回はドリブルのリズムについて解説します。

スキルアップ パス 練習法 関野 日久

ボールを動かす手段としてはドリブル・パスが考えられますが、最も速く動かす方法はパスです。 強く、速いパスで動かされるボールに追いつける人間はいません。 つまり、ディフェンスを揺さぶるためには最も有効な手段はパスです。 今回は強いパスを出す方法について紹介していきます。

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 指導法 練習法 関野 日久

バスケットボールは一度に出場できる人数が少なく、コートも狭く、ドリブルやシュートのルール、技術も相まって1人の絶対的な選手の存在が他競技よりも大きくなりがちです。 相手の1人を止められなかったばかりに試合に負ける、ということもザラにあります。 今回は、そういった相手の止め方、守り方をご紹介します。

オフェンス シュート スキルアップ 練習法 関野 日久

レイアップといえば最も基礎的なシュートで、小学生から練習するものです。 一度決めるための仕組み(ボードの内枠の角を狙う、近くから打ちすぎないなど)を覚えると自転車の乗り方と同じで練習しなくとも決められるようになります。 しかし、レベルが上がりより難しい状況や高いレイアップシュートを打とうとすると、細かな体の動かし方にこだわる必要があります。 今回は、オーソドックスなレイアップシュートにおける、上半身、下半身それぞれの動かし方をご紹介します。

シュート スキルアップ 指導法 練習法 関野 日久

左手は添えるだけ。超人気漫画の有名なシュートフォームに関する言葉で、実際の指導現場でも同じように教える方や、自身のフォームもそうである選手はたくさんいます。 しかし、時代は変わりシュートを打つ距離はどんどん遠くなっています。 そのポイントと理由について考察し、シュート力、得点力の向上を目指すための記事です。

スキルアップ パス 関野 日久

自主練習といえばシューティングやドリブルハンドリングなどのワークアウトが行われることばかりで、パスは疎かにされています。 今回は、どのようなパスが良いパスなのか、どうすればそのような良いパスが出せるのかをご紹介します。 ナイスパスってどんなパス? 良いパスには2つあります。どのようなパスが良いパスなのかを知ることで、パスセンスの向上を目指しましょう。

オフェンス スキルアップ 関野 日久

速攻というのは、ディフェンスが少なければ少ないほど決定率が高まります。 ワンマン速攻、2対1、3対2…と、ディフェンスが増えれば守られる可能性も高まります。 また、オフェンス、ディフェンスともに人数が増えるとコートも狭くなるので、攻めるのが難しくなります。 今回は、攻めるのが難しい、オフェンスが4人での速攻において、最も大切なコート中央の使い方をご紹介します。