menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 速報!ウィンターカップの年始開催…
  5. 坂口慎の【武学籠球】主体性によって吸収量が違う
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.39
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.38
  8. 坂口慎の【武学籠球】指導者のあるべき姿
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.37
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.36
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:動画

前回のトレーニング・レポートで、動きの緩慢なサイド・ステップの典型例をお伝えしました。キックで進めず両脚ステップで動いている選手は、おそらくあなたのチームにも多いと思います。さて今回もさらにサイド・ステップの話を続けたいと思…

私が横の動きを練習するときに、選手たちの多くがおこなう典型的なステップの癖があります。今回も切り返しの動きを鍛えようと、細かい足でステップワークをおこなう鍛練をしたときに、その典型の一つになっている選手がいました。フェイスブ…

スポーツ・トレーニングにおいて、とくにこの近年にしばしば「体幹」という言葉が聞かれるようになりました。私は體づくりに際し、いつも人間の肉体を建物に例えて話をします。ビルや家などあらゆる建築物には必ずその構造の軸となる「柱」があり、それが人間…

みなさん、こんにちは。坂口慎です。これまで数々の変なチャレンジをしてきた僕ですが、ずっとそんなことをしていてもメインの基本的なシュートをしっかりやらないと伸びるものも伸びていかないので今回は基本的なことをやってみました。…

▽ジャンプは踏むこと(4)さてここまでジャンプ動作をテーマにして少しお話してきました。内容は単純なことでしたが、運動というのはそこを自分で見つけられるかどうかがカギです。物事は案外にシンプルだといつも言うのですが、とくに基礎運動・基…

「外れるシュートの大半は 「横ズレ」が原因だ」と今倉コーチは仰います。その横ズレは様々な原因を引き起こすと仰います。その中でもボールの持ち方は、重要なチェックポイントの1つです。あなた、もしくは、あなたの選手はボール…

ジャンプ・スキルを上達させたいのならば、見たままありのままの現状のジャンプ動作から手がかりを探していくことが有効です。運動生理学で主に出てくる筋力発揮だけに止まらない、様々な運動形成のカギを観察できるでしょう。中でも注目するべきは、…

▽ジャンプは踏むこと(2)ジャンプの苦手な人の特徴というのがあります。しかしたとえそれを知っていなくても、崩れた動作を見てそのありのままのおかしな部分を作り替えることは誰にでもできます。前回たとえとして腕の振りの話をし、動画も見…

「ポストマンのディフェンス指導って難しいですね…」先日、知り合いから相談されました。それもそのはず。彼の現役時代のポジションはガード。ポストマンと日頃からバチバチとやり合っていたわけではありません。…

本日、お客様からお電話をいただきました。ご質問内容は選手たちのシュートがどうしても、「ズレてしまう」。この外れ方って実は、あまり良い外れ方とは言えないんです。なぜなら、ほとんどのシュートは、「縦」…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 今、目の前には自ら積極的に練習する選手たちの姿がある。私の存在が無くなり、選手同士で話し合い知恵を出…
  2. サイド・キックの振り幅が大きくなったときに、負荷の大きさに対応できる人は腕の動きが活発になっていきま…
  3. 前回のトレーニングレポートNo.39において、サイドキックを鍛えるトレーニング動画をお届けしました。…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
ページ上部へ戻る