スペインピック&ロールが成功しなかったプレー~アジアカップ日本女子代表のオフェンスより3~

オフェンス戦術 スキルアップ 動画 片岡 秀一

引き続き、女子アジアカップの女子代表より、スペインピック&ロールの攻防を取り上げていきたいと思います。

同チームはコート上のプレーの指針として『選手が自信を持って判断するバスケットの追求』・『選手自身が自分でバスケットをする感覚を大切にする』とありました。

具体的には、下記3つのポイント

  1. ナンバープレーにより選手がロボットのように動くのではなく、フリーで選手が混乱することもないバスケットの仕方を追求する
  2. その為のカギを原則とする。
  3. その上で、原則を生かして瞬時に5人が自信を持って判断し、シンクロできることを目指す

が語られています。

本稿では、スペインピック&ロールが守られたケースを扱います。

攻防の流れ、及びどのように判断さればシュートチャンスを作れたのか、という視点で考察を試みます。

前回までの記事の通り、本質ではないかもしれません。

遂行力の高いスペインピック&ロール~【日本女子代表】アジアカップより1~マークマンの動きを把握!?スペインピック&ロール~【日本女子代表】アジアカップより2~

しかし、チームとして共通理解のあるプレーの流れを紹介することで、読者の方が少しでも女子代表の目指すプレーを理解する一助になることを目指します。




1.プレーの流れ

スペインピック&ロール失敗例

2.流れ

オフェンスリバウンドを獲得後、PG#23山本麻衣選手がボールを保持します。
トップの位置から、スペインピック&ロールがセットされます。
#3馬瓜ステファニー選手がボールマンのスクリーンに、#33中田珠未選手が後方に位置します。

#23山本選手は、マークマンの配置を見てリジェクトを狙います。
リングに近づく中、X3が行く手を防ぎます。
また、元々のマークマンも後方から追走してきました。

#3馬瓜ステファニー選手は、ゴール下の近郊でポストプレーを狙います。
しかし、元々のマークマンであることも影響し、リング下ではボールを優位な形で受け取るチャンスは作れませんでした。
#33中田珠未選手は、X1に対してスクリーンを狙いますが、上手くコンタクトできません。
トップ方向に上がりますが、X1の選手にしっかりとマークされています。

#23山本選手は一度3Pの外側に下がり、再び1対1を仕掛けますが、相手チームのディフェンスに封じられます。
ジャンプシュートを放ちますが、シュートが外れました。

3.まとめ

どのようにプレーをすれば、本プレーが成功したのか、という視点で考察してみたいと思います。

今回のプレーについて、#23山本選手とインサイドX4のマッチアップであることが特徴です。

ここでスピードのミスマッチを攻略できれば、得点をする可能性がありました。

しかし、この位置にはシューターの選手が配置することも多いです。

その場合、X3とのマッチアップになり、そこまでスピードのミスマッチとは言いにくい状況になります。

例えば、リジェクトをした際にも最後のスクリナーである#33中田選手は、最初のスクリナーのディフェンスであるX5に対してスクリーンを狙う方法もあるかもしれません。

#3馬瓜ステファニー選手がノーマークでゴール下にいけば、X3はゴール下の狭いエリアで2対1となります。

また、X3がゴール下を守る場合やX5が必死にゴール下に戻る場合、トップの位置がオープンになりやすいです。

リジェクトをした際の、スクリナーの考え方には様々なオプションがあるかもしれませんが、X1の選手が元々のボールマンを守ろうとしていることもあり、様々な選択肢が存在します。

試合中の映像では、#33中田選手がX1にスクリーンを試みようとする様子が見られました。

トップのスクリーンがリジェクトになり混沌とした状況になる中、最善のプレーを模索されたはずです。

しかし、結果としてピック&ロールをセットするには、非常に狭い位置での仕掛けとなります。

ボールマンは勿論、3人目のスクリナーの判断能力の向上も、スペインピック&ロールの遂行には重要になるでしょう。

スペインピック&ロールの成功例
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中