シュートに関する記事一覧


シュート スキルアップ 坂口慎 指導者

ワンモーションとツーモーションを計測比較し、どんな違いがあるのか。 時間経過によるボールの到達点は、ワンモーションの方が高かったわけですが、これがシュートを打つときにどう影響してくるのか? 具体的な理由をご紹介します。

シュート

近年、女子でもボースハンドよりワンハンドシュートの選手が増えてきているのをご存じですか?小学生女子でも簡単にワンハンドシュートで3ポイントが打てるようになるんです。

シュート スキルアップ 坂口慎 指導法 指導者 練習メニュー 育成法

「ステップバックに体幹は必要なのか?」 みなさんはどう思われますか? ちなみにここでの体幹とは、体幹トレーニングによって得られる体幹力です。 僕は正直必要ないと思っています。 では、なぜ必要か必要じゃないかのような疑問をいだくのか?

シュート スキルアップ 坂口慎 指導法 指導者

普段やっている以上のことをやる時に、無理だと思って自分にブロックをかけてはいけません。

オフェンス シュート スキルアップ 指導法 練習メニュー 育成法

小学6年生でも、リング下からのシュートで落とす選手はいます。なぜなんでしょうか。能力の問題?ミニバスだから?違います。その原因は、○○○〇をかけていないからです。

オフェンス シュート スキルアップ トレーニング 指導法

バスケ経験があるだけで指導を任されたが、自身が経験あるポジションしか指導できない。これは、よくあることだと思います。そこで、今回はセンターのローポストからのターンを紹介します。

オフェンス シュート スキルアップ トレーニング 指導法 練習メニュー

ミドルレンジとロングレンジ。シュートを打つ時に、無意識にフォームのズレが起きやすいです。しかし、多くの選手は、どちらも同じフォームで打とうとします。そのため、ロングシュートが届かなくなります。

オフェンス シュート スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 育成法

バスケットボールの選手なら、誰しもがレイアップをできると思います。なぜなら、基礎のシュートで使うことが一番多いシュートだからです。そのため、決定率を限りなく100%に近づけないといけません。

オフェンス シュート スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 練習メニュー 育成法

ポストプレーで、「どうやったらいいのか分からない」「もらっても上手く攻められない」と悩んでいませんか?実は、そのような悩みはハイポストから仕掛ければ解決できるんです。