ドリブルに関する記事一覧


スキルアップ ドリブル 練習メニュー

ドリブルって、ついつい利き手ばかりになってしまいますよね。 非利き手を鍛えたいと思っているけれど、なかなか上手くできないとやりたくなくなってしまう・・・。 そんな、バスケ初心者やミニバス選手のための、両手2個ドリのハンドリングメニューをご紹介します。

オフェンス スキルアップ ドリブル 坂口慎 指導者

レッグスルーはハンドリングの練習時に行うもので、小学生でもできるほど難しいものではありません。

オフェンス スキルアップ トレーニング ドリブル 育成法

初心者と上級者のドリブルの違いって分かりますか?キレ・スピード・テクニック。色々なことが考えられますが、私は手から離れているかどうかだと思います。手から離れたドリブルをしていると、当然ながらボールを取られやすいです。では、どうすれば手から離れないのか。それは、ドリブルの強さです。

オフェンス スキルアップ トレーニング ドリブル バスケ用語 指導法 練習メニュー

「破る」。一見すると、紙を破るという使い方をされる言葉を想像しますが、もちろん違います。もしかすると、バスケを指導している指導者や実際にプレーしている選手の中で、意味を勘違いしている方がいるかもしれません。今回は、「破る」というバスケ用語についてお話します。

オフェンス スキルアップ ドリブル バスケ用語 指導法

「ドライブ」は、バスケ用語の中では基礎になります。プレーとしても、基礎のプレーになります。今回は、そんな「ドライブ」についてお話します。

オフェンス スキルアップ トレーニング ドリブル 指導法

ドリブルで相手選手を抜く時に、タイミングを考えたことはありますか?タイミングがわかり相手選手を抜ければ、その後のプレーでチャンスメイクすることができます。

オフェンス スキルアップ チーム作り ドリブル 育成法

今の時代、YouTubeでNBA選手のプレーはいつでも見ることができます。そこで、今回はNBA選手が使っているドリブルの練習方法をご紹介します。

オフェンス スキルアップ ドリブル 指導法 指導者 練習メニュー

1対1で相手選手を抜いて、自分の力でどんどん得点を取りたい。バスケ選手なら、誰しもが考えたことがあると思います。しかし、実際に相手選手を抜くのは難しいです。

オフェンス スキルアップ ドリブル 坂口慎 指導法 指導者 練習メニュー 育成法

「緩急」をつけるために、スピードを”緩める”と”速める”どちらを優先しますか?

スキルアップ ドリブル 指導者 梅原淳 練習メニュー

ダッシュする際にありがちなのが、上半身が前のめりでダッシュ力が落ちていることです。これを解決するコツは、太ももを上げる力です。