【バスケ】アウトナンバー・ディフェンスはこうやる!守り強化で失点を防げ!

スキルアップ ディフェンス ヒヤマ ココロ 戦術

アウトナンバーの状況におかれると、どうしても不利になるのがディフェンスです。

「とにかくオフェンスを封じなきゃ」という焦りから、ボールマンを追うようなディフェンスをして、アッサリ失点してしまう人も多いのではないでしょうか。

今回の記事は、アウトナンバーにおけるディフェンスについて解説します。2対1や3対2のディフェンスが上手くなりたい人は、ぜひ最後まで読んで、練習に取り入れてみてください。

アウトナンバーとは

アウトナンバーとは、2対1や3対2といったオフェンスの数的有利な状況のことを指します。

トラジションからの速攻によって生じることが多く、オフェンスにとっては得点を決める絶好のチャンスです。

しかし、アウトナンバーが必ず得点につながるかといわれれば、そうではありません。

ディフェンスは不利であったとしても、戦略的な守備によってオフェンスの動きを封じることができます。

ここからは、アウトナンバーにおけるディフェンスの動き方について、ポイントとともに解説します。

アウトナンバーの基礎知識オフェンスのポイントも知りたいという人は、関連記事を参考にしてみてください。

【アウトナンバー】ディフェンスのポイント

まず、ディフェンスのポイントについて解説します。結論からいうと、アウトナンバーのディフェンスはとても難しく、オフェンスの動きを完全に封じることはほぼ不可能です。だからといって諦めていては、すぐに得点を決められてしまいますよね。

アウトナンバーの状況でディフェンスが取るべき行動は、オフェンスの動きを完封することではなく、邪魔をすること「うっとうしいな」と思われるくらいで全く問題ありません。

オフェンスの邪魔をすることで、以下の点をねらいましょう。

  • オフェンスに不安定なシュートを打たせる。
  • 時間稼ぎをしてディフェンスを戻す。

オフェンスに不安定なシュートを打たせる

オフェンスの邪魔をする一番のねらいは、不安定なシュートを打たせることです。そこでシュートが外れた場合、ディフェンスリバウンドを獲得できれば攻守交代になりますよね。

また、シュートが不安定であればあるほど外れる可能性も高くなるので、失点を防ぐことができます。オフェンスが「パスか?シュートか?」と迷うような、ちょっとした邪魔ができるかがポイントです。

時間稼ぎでディフェンスを戻す

アウトナンバーにおけるディフェンスポイントとして、つぎに大切なのは時間稼ぎをすることです。2対1の場合はなかなか難しいかもしれませんが、3対2であれば多少時間を稼ぐことができます。

その間にディフェンスが戻って来られれば、アウトナンバーの状況を回避できますよね。数的不利であっても諦めず、守備をしつづけることが大切です。

2対1、3対2に最適な守り方とは?

ここからは「2対1」「3対2」におけるオススメのディフェンス方法について紹介します。

2対1ディフェンス

2対1の場合、以下の点に注意したディフェンスを心掛けましょう。

  • オフェンス(二人)の中間にポジショニングする
  • ボールマンに対して飛びつかない

基本的な立ち位置は、オフェンス二人のちょうど中間にポジショニングすることです。

とはいえ、ボールマンに対してノーマークだと、簡単にシュートを打たれてしまいますよね。ある程度プレッシャーをかけられるように、前へ出ることも大切です。

しかし、ここで大事なのが「決してボールマンに飛びつかない」こと。飛びついた瞬間にもう一人のオフェンスへパスを通され、簡単にシュートを決められてしまいます。

ボールマンが近づいてきたら、マークしに行くと見せかけて「パスが出る直前ですぐに下がる」これが2対1ディフェンスの鉄則です。

この時点で、先に伝えた「パスか?」「シュートか?」と迷わせることができているので、第一段階クリアです。

もしパスが出てしまったとしても、下がる準備ができているのでディフェンスしに行けますよね。シュートが打たれれば、リバウンドに徹すればOKです。

3対2ディフェンス

3対2の場合は、ディフェンス二人が縦に並ぶポジショニングがオススメ。一人がボールマンに付き、もう一人はゴールを守るイメージです。

ここでしっかり役割分担できていると、ディフェンス力がアップします。

この基本スタイルは、パス回しをされても変わりません。ボールマンに近い人がディフェンスに行き、空いた方がゴールを守ります。

そうすることで、オフェンスは数的有利な状況にありながらも、シュートを狙いにくい感覚に陥ります

上手くパスを通してジャンプシュートやレイアップに持ち込んだ場合でも、プレッシャーがかかっているので、シュートを外す確率が高くなるのです。

また、ディフェンスで上手く時間を稼げれば、アウトナンバーの状況を回避することもできますよね。

オフェンスの思い通りにさせないことが大切です。

まとめ

アウトナンバーにおけるディフェンスは完全に不利ですが、焦ってオフェンスに飛びついていくのが一番危険です。

周りをしっかり見渡し、どのくらいで他のディフェンスが戻ってこられるのか、その状況でどんなプレッシャーがかけられるのか、判断して動くことが大切です。

最初にお伝えしたように、ポイントは少しの邪魔。イジワルするつもりで、不利的状況でも楽しめると良いですね。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp

この記事を書いた人:ヒヤマ ココロヒヤマ ココロ
バスケットボール歴5年。現役時代は主にセンターを務めていました。持ち前の体力を活かし、陸上競技や水泳、フィールドホッケーなど、様々なジャンルのスポーツを経験。全国大会や国民体育大会にも出場してきました。現在は二児の母で、ウェブライターとして活動中。このブログでは、スポーツの経験で得た基礎知識や上達するためのノウハウなど、実体験を踏まえた記事を執筆していきます。