【バスケ】レイアップシュートはステップから教えましょう

シュート スキルアップ 指導法

レイアップシュートを教えているけど、なかなかステップが合わない選手っていませんか?

バスケットを始めたら最初に教えるシュートですが、「1、2、シュートだよ」と教えてもできない選手がいます。

そんな選手の足が合うようにするには、キャッチとステップのタイミングを合わせてあげることが鍵になります。

今回は、レイアップシュートのステップについてご紹介します。

※右レイアップシュートを前提にしています。

まずは右足キャッチするところから始めよう(ステイ)

初心者の選手にとってドリブルからのレイアップシュートは、ドリブルのリズムと走って行うステップのリズムを合わせるのに時間がかかります。

もちろん、運動神経のいい選手やカンのいい選手は、すぐにできるでしょう。

ですが、なかなかステップが合わない選手がいるのも現実です。

そんなときはその場でドリブルとステップのリズムを合わせることからしていきましょう。

やり方はとても簡単です。

ボールを持った状態からその場でボールを落とし、上がってきたボールを右足の踏み出しと同時にキャッチします。

その時、右足だけでしっかりと止まってくださいね。

これを何度も続け、右足でミートする感覚を身に付けさせましょう。

右足ができれば左足もチャレンジしてみましょう。

自宅前でボールさえあれば行えるので自主トレにもオススメです。

2ステップまでレベルアップしよう(ステイ)

右足キャッチができるようになったら、次のステップです。

先ほどと同じようにバウンドさせたボールを右足の踏み出しと同時にキャッチし、今度は「右、左」の足で止まります。

これもしっかりと一歩ずつ止まれるようにしましょう。

ステップが増えた分、続けてジャンプしなければならないので、慣れない内はステップと同時に声を出してみると混乱しなくなります。

その場で行う練習ですが、ステップを体得させるためにはもってこいの練習法です。

右、左&ジャンプ!

次はジャンプです。この段階ではまだドリブルを付かないでくださいね。

ボールをバウンドさせ、今度は先ほどよりも2歩目を強く踏みます。

「右、左!」で地面を蹴りましょう。そうすると自然とジャンプが高くなります。

「左足でジャンプして」と言うと飛べない選手が出てきますので、あくまでも2歩目で大きく地面を蹴るようにということに意識を持つように指導してあげてください。

できるならボールを上へ向かって放してみても構いません。

これができるようになったら、さらにレイアップらしくなります。

注意することは、両足で着地することです。

片足着地すると、バランスを崩した時に大きな捻挫に繋がります。

実際にシュートしてみましょう

今度は、実際のリングに向かってやってみます。

リングがなければ壁などを使ってもいいです。

フリースローラインの少し後ろあたりから右、左&ジャンプでシュートします。

この時の注意点はシュートが届く、届かないを出来た、出来ていないの判断基準にはしないでください。

ここまではあくまでもステップの習得法ですので、「ステップできたねー!」「足合ってるよ!」とできるようになったステップを褒めてあげてください。

一人でできるようになった選手には、リング下からバウンズパスを出してタイミングを合わせる練習をしてあげてもいいかもしれません。

ドリブルをつけましょう

キャッチからのステップができたら、いよいよドリブルを加えていきましょう。

ですが、まだその場でドリブルを付き「右、左&ジャンプ」で大丈夫です。

ここで大切なことは、ステップが合わないと焦らないことです。

今までは自分のタイミングでステップを行えましたが、ここからはドリブルが入ってきます。

まずは、ドリブルの回数を決めずに右足でキャッチできるタイミングを見てあげてください。

ステップを完全に習得できた選手は、ここで「右、左&ジャンプ」までできると思います。

少し迷う選手なら、ドリブルからの右足キャッチから順にやってみてください。

できるようになったらドリブルの回数を制限して、ドリブルが何回であってもできるようにしましょう。

いよいよドリブルからのレイアップシュートです

ここまできたら完成間近です。

45度スリーポイントライン辺りから、またはセンターラインからやってみましょう。

ドリブルランからのレイアップシュートになります。

ほとんどの選手は、レイアップシュートまでできると思います。

もしもステップが合わなければ、スピードの遅いドリブルランから右足キャッチで、1歩目を合わせることに戻ってみてください。

それもできなければ練習を1つ戻ってあげてください

まとめ

いかがでしたか?

今回は、レイアップシュートのステップに注目してご紹介しました。

  • バウンドからの右足キャッチ
  • バウンドからの2ステップ
  • バウンドからの2ステップ&ジャンプ
  • ドリブルからの右足キャッチ
  • ドリブルからの2ステップ
  • ドリブルからの2ステップ&ジャンプ
  • ドリブルランからのレイアップシュート

以上の順でご紹介しました。

大事なことは、動作を細かく切って1つずつ進めることと、1段階できるごとに褒めて喜んであげることです。

もしかしたら、もっと細かい段階が見つかるかもしれません。

できない選手はいませんので、かならずできるようになりますし、褒められるとどんどんできるようになります。

ステップだけの練習なら、お家の省スペースでもできると思います。

ぜひ、指導の参考にしてみてください。