menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術3琉球ゴールデンキングス3
  2. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い②
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】コーチがもらす弱音から見…
  4. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】バスケットボールを分析し…
  5. 【片岡編集長のレポート】3men-automatic2
  6. 【片岡編集長のプレイブック2】琉球ゴールデンキングス2
  7. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い①
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  9. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームが好むゲームのテン…
  10. 【片岡編集長のレポート】-3men-Automatic1-
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:指導法

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

前回までの記事では、ディフェンスリバウンドの強化を目指す中で『ボールウォッチ』という分類方法、それを撲滅していく必要性や、ゲームの勝敗との強い相関性を紹介していきました。私がコーチを務めるチームでも、ディフェンスリバウンドの重要性を…

こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。また、同大学バスケットボール部を指導しています。まずはじめに、簡単な自己紹介をさせていただきますね!---------…

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきたいと思います。本シリーズの序盤でも伝えましたが、ディフェンスリバウンドは、その重要性を選手もコーチも理解しながら、どうしても「0」に…

引き続き、ディフェンスリバウンドを考える上でのキーワードや、実際の国内外での取り組み例となります。③ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジメント日本男子史上最高位であり、アジア出場国内で1位の10位入賞を果たした2017年U…

前回はディフェンスリバウンドの分析方法の一つとして「ハードコンタクト、ソフトコンタクト、ボールウォッチ」を紹介しました。ワールドカップでアメリカ代表に屈した男子U-17日本代表チームとしては、ディフェンスリバウンド獲得の為に取り組め…

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回も引き続き琉球ゴールデンキングスの代表的なプレーを分析していきたいと思います。前回の記事…
  2. みなさん、こんにちは!坂口慎です。今回は、前回の続きで=================…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術3琉球ゴールデンキングス3
  2. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い②
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】コーチがもらす弱音から見える希望なき未来
ページ上部へ戻る