menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  4. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
  5. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  7. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  8. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  9. 【坂口慎の武学籠球】学校と部活のバランス
  10. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】ふわ~と山なりパスが劇的に減る練習法【必見】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ふわ~っと山なりのパス。

「もっと真っすぐ相手の胸へパスしなさい」何度も注意するけれど…

どうやったら相手の胸へ綺麗なパスを出せるようになるのか・・・。

そんな経験ありませんか?

その解決する方法は、キャッチの仕方にあったのです。きちんとキャッチすることで、力強い真っすぐなパスができるようになるのです。

今回は、チェストパスの練習法についてご紹介します。

 

いいパスを出す条件の「構え」

パス&キャッチを正確に行うことは、バスケットの基本となります。

きちんとキャッチできなければ、きちんとパスもできません。

正確なキャッチ、正確なパスの仕方を覚えましょう。

いいパスを出すには正確なキャッチから始まります。

まずは、キャッチの姿勢や手の使い方をマスターしましょう。

 

キャッチするときの「基本の構え方」は?

正確なキャッチをするには、「構え方」が重要です。

手のひらをボールが来る方へ向けます。

両手の親指と人差し指で三角形(おにぎり型)を作って、ボールに沿うよう丸く構えます。

身体は、少し腰を落として、肩・膝・つま先が一直線になるよう、股関節・膝・足首を軽く曲げます。

これが基本姿勢です。

なぜこの姿勢が大事かというと、手のひらをボールに向けることで、手全体でキャッチする感覚が身に付き、キャッチの後に素早くパスを出すことができるからです。

また、高さによって手の向きを変えることも大切です。

お腹より高いボールには指を上向きになるよう親指同士が向かい合せに構え、お腹より下のボールに対しては、指を下向きに小指同士を隣り合わせに構えます。

手を下向きに構えても、手のひらをボールのほうへ向けるのは絶対に意識させるべき点です。

 

基本のチェストパスとは?

構えが分かったら、パスの基本「チェストパス」を覚えましょう。

その名のとおり、自分の胸から相手の胸へ向かって投げるパスの方法です。

構えと同じ形でボールを持ちます。

この時、肘を張ると力が入らないので、脇を開きすぎないように注意してください。

そこから前に腕を伸ばし、最後に手を内回転させスクリューのように回しボールを送り出します。

まっすぐ相手の胸元へいくことを意識してください。

ボールを放す最後の指は、人差し指か中指になるといいと思います。

この2本の指で放すと、ボールにきれいな逆回転のスピンがかかり、パスが下に落ちにくく勢いのあるパスができます。

 

力強いチェストパスを出す方法

基本の形ができたら、より強く正確なチェストパスをするために体全体の力をボールに伝得るようにしていきます。

構えの状態から、足を一歩踏み出し、体重移動と一緒にボールを前に出し、前に踏み込んだ勢いに乗せて送り出します。

ポイントは、後ろ足の膝から肩までを一直線にすること。

チェックする点は、緩やかな前傾姿勢で前足にしっかり体重が乗るようにします。

後ろ体重になったり、身体が沿ったりすると、手だけでのパスになり、力強いパスが出なくなります。

 

壁あてや2人組でパス練習をするメリット

次に、対人パスです。

適度な距離を取り、向かい合って構えます。

基本姿勢を核にしながら、胸から胸へ渡るボールの軌道をイメージしながら丁寧なパスを意識させましょう。

最初は短い距離でも構いません。しっかりと足を踏み出し、体重を乗せながら強いパスを出すように意識しましょう。試合の時のディフェンスの手などのイメージトレーニングを同時に行うとより効果を得ることができます。

また、対人で行えない場合は、壁に向かってパスをしてもいいです。

その際にも胸から胸へのボールの軌道の意識は忘れないでくださいね。

 

ボールを怖がる選手への練習法

ボールを怖がって後ろに逃げてしまったり、目をつぶってしまう選手、いませんか?

そんな選手には次の練習を行ってみてください。

それが「はたきキャッチ」という練習法です。やり方はとても簡単です。

パスされてきたボールに対して、一度はたいてバウンドさせます。

バウンドしたボールは、2バウンドするまでに取るようにしましょう。

慣れてきたら、正面だけではなくて、少し左右に振って自分からボールをはたきに行くようにします。

そうすることで、ボールから逃げる感覚から、自分からボールに向かう感覚へと変わっていきます。

少しずつ、ボールが怖くなくなってくると思います。練習してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

山なりのパスや、ふわふわのゆる~いパスを解決するには、その前のキャッチの姿勢、つまり構え方を正確にすることで解決できます。

小さな選手やボールを怖がってしまう選手には、正しい構え方から指導することで、強くまっすぐなパスをできるようになるのです。

初心者のパスのスキルアップ間違いなしです。

是非、指導の参考にしてみてください。

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 坂口慎の【武学籠球】どんな意見もフラットに観る

  2. 坂口慎の【武学籠球】バスケ歴数ヶ月の武学の先輩がディープスリー?…

  3. ローポストでの面取りについて

  4. 【バスケ】フロントチェンジだけで抜く技とは!?

  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  6. 【新作情報】ディフェンス指導の落とし穴

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで活躍したいという人必見。動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したい…
  2. みなさん、こんにちは。慎です。緊急事態宣言が解除され、やっと…
  3. 肩甲骨というのは、肋骨の後ろ側にくっついている三角形の板です。これが胸郭の背面上部で上下や左…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る