menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  4. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
  5. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  7. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  8. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  9. 【坂口慎の武学籠球】学校と部活のバランス
  10. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】ボールの「持ち方」で、シュート精度は変わる【シュート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「外れるシュートの大半は 「横ズレ」が原因だ」と今倉コーチは仰います。

その横ズレは様々な原因を引き起こすと仰います。

その中でもボールの持ち方は、重要なチェックポイントの1つです。

あなた、もしくは、あなたの選手はボールを●●側で持っていませんか?

もしかするとそのボールの持ち方が横ズレを引き起こしているかもしれません。

ここで、クイズです。

正しいボールの持ち方は…

A.親指側
B.小指側
C.どちらでもない

正解はどれだと思いますか?

この持ち方を間違えていると、ボールの軌道が自身よりも内側に入るためボールの初動から、横ズレする原因になってしまいます。

答えはコチラ↓

 

ご覧いただいた通り、正解はBの小指側でした。

 

パイプを切った、半円を手でイメージすることで、小指側にボールが乗りやすくなります。

ぜひ、お試しください。

 

詳細を知りたい方はコチラ↓

 

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート】On ball Screen(Pick&…

  2. 坂口慎の【武学籠球】主体性によって吸収量が違う

  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート号外「…

  4. 【片岡編集長のレポート】on ball Screen DF4(S…

  5. 【小谷コーチの分析バスケ】ゲームのスピード化が得点力を上げていま…

  6. 【バスケ】1on1で相手を抜くための、3つのポイント【応用編】

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで活躍したいという人必見。動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したい…
  2. みなさん、こんにちは。慎です。緊急事態宣言が解除され、やっと…
  3. 肩甲骨というのは、肋骨の後ろ側にくっついている三角形の板です。これが胸郭の背面上部で上下や左…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る