【バスケ】ボールの「持ち方」で、シュート精度は変わる【シュート】

シュート スキルアップ 今倉定男 動画 指導者

「外れるシュートの大半は 「横ズレ」が原因だ」と今倉コーチは仰います。

その横ズレは様々な原因を引き起こすと仰います。

その中でもボールの持ち方は、重要なチェックポイントの1つです。

あなた、もしくは、あなたの選手はボールを●●側で持っていませんか?

もしかするとそのボールの持ち方が横ズレを引き起こしているかもしれません。

ここで、クイズです。

正しいボールの持ち方は…

A.親指側
B.小指側
C.どちらでもない

正解はどれだと思いますか?

この持ち方を間違えていると、ボールの軌道が自身よりも内側に入るためボールの初動から、横ズレする原因になってしまいます。

答えはコチラ↓

ご覧いただいた通り、正解はBの小指側でした。

パイプを切った、半円を手でイメージすることで、小指側にボールが乗りやすくなります。

ぜひ、お試しください。

詳細を知りたい方はコチラ↓

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加