【バスケ用語】1番とは? 意味・使い方・上達法

チーム作り チーム戦術 バスケ用語 育成法

バスケットボールでは、5人のポジション・役割を番号で呼ぶ場合があります。

それぞれ1番~5番があり、今回は1番ポジションについてその特性と必要なスキル等をご紹介したいと思います。

1番とは

バスケットにおいて、1番または1番ポジションとは。

主にボール運びやフォーメーションの指示、パスの配給などコート上の司令塔となるポジション。

また、そのプレーヤー。

同義語として、「ポイントガード」や「リードガード」とも言います。

スラムダンクで言う「宮城リョータ」リョーちんのポジションですね。

1番の使い方・役割

  • ○○チームの1番はパスがとても上手い
  • 僕は1番としてのスキルを身に付けたい

1チームが一度に出場できる人数が5人なのは知ってのとおりですが、つまり1番から5番までのポジションがあり、その役割もそれぞれです。

その中で1番は、特にオフェンスにおいて全体の指示を出す司令塔としての役割があります。

ボール運びやドライブからの仕掛けなど、シュートまでの過程を作るプレーが多くなります。

その特性から、背が小さくすばしっこい選手が多いことが特徴です。

ですが、背が小さくなければならないことはなく、背が高い選手でも1番を担うことはできます。

ただ、一般的にチーム事情として背が高い選手というのは数的に貴重な存在で、5番センターや4番パワーフォワード(スモールセンター)の役割を与えられることが多く、必然的に背が低い選手が1番ポイントガードや2番シューティングガード(3Pシューター)になるのがほとんどです。

1番のスキル

「司令塔」という役割からも分かるようにコート上の監督とも言われ、コート内を常に把握するスキルが必要となります。

そのため、顔を上げてプレーすることが必須になり、瞬時にパスの判断を迫られる場面が多くあります。

このように背が低い選手は、1番を担うことが多いため巧みなドリブルワークやパスワークを身に付ける必要があります。

そこから考えても、チーム内で背が低い選手はドリブルやパスを意識して練習に取り組むことで、必ずスキルアップに繋がります。

1番の注意点

ここまで、1番の役割や必要なスキルをご紹介してきましたが、もちろんそれだけでいい訳ではありません。

ある程度のシュート力は必要になりますし、ディフェンス力もなくては試合で活躍することはできません

また、コート内の全体が把握できていたり指示を出したりと、監督の代わりを務めることもありますが、決して偉いわけではなく、あくまでも5人のうちの1人の役割ということを忘れてはなりません。

成長過程の子供たちにはそういった勘違いも起きやすく、われわれ指導者はそのような選手を育てないことも大切な役目です。

それぞれの特長を生かしたポジションであることを、合わせて伝えていきたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バスケットにおけるポジション1番をご紹介しました。

・ポイントガードのプレーヤーのこと

・ドリブルやパスが得意な選手が多いこと

・背の低い小さな選手が多いこと

ポジションの特性を知って、うまくプレーヤーを生かせるチーム作りができれば楽しいですよね。

ぜひ、練習や指導の参考にしてみてください。

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます