女子バスケ|綺麗なシュートフォームはこう作る!上達のコツを紹介

シュート スキルアップ ヒヤマ ココロ 練習法

女子のバスケットボール初心者やミニバス選手のなかには、ボールが飛ばないからといって思いっきり力を込めてシュートを放っている人も多いのではないでしょうか。しかし、ボールが飛ばない原因は、シュートフォームのみだれにあります。本来シュートはラクに放てるものであり、腕や肩肘に力を入れても全く飛んでくれません。

今回は、綺麗なシュートフォームを作るためのコツをポイントとともに紹介します。女子にあまり馴染みがないワンハンドシュートについても説明していますよ。ぜひチェックしてみてください。

女子バスケ|シュートフォームのパターンを知ろう

まず、女子バスケットボールで用いられるシュートフォームは、以下2パターンあります。

  • ツーハンドシュート
  • ワンハンドシュート

これらのシュートフォームは男女問わず使用されていますが、日本だと多くの選手がツーハンドから取り入れているのが現状です。まずは、それぞれの違いをチェックしておきましょう。

ツーハンドシュート

ツーハンドシュートは両手打ちのことで、ボースハンドシュートともいわれます。少量の力でシュートできるのが特徴なため、初心者や女子選手の間で普及しているシュートフォームだといえます。

ワンハンドシュート

ワンハンドシュートは片手打ちのことです。ツーハンドよりも高い位置にセットしてシュートを放つため、相手にカットされにくいのがメリットです。

最初からワンハンドに取り組むのは難易度が高いかもしれませんが、力の使いかたさえ掴めればツーハンドよりもボールコントロールがしやすいという声も聞かれます。マスターすればこなれ感が出るため、多くの人が憧れるシュートフォームです。

女子バスケ|綺麗なシュートフォームを作るコツ

ここからは、女子選手におすすめしたい綺麗なシュートフォームを作るコツを紹介します。ツーハンドとワンハンド、それぞれの違いも押さえながらチェックしていきましょう。

ツーハンドシュートのコツ

綺麗なツーハンドシュートを打つには、以下のポイントに注意しましょう。

①リングと向き合いパワーポジション

基本姿勢はパワーポジションです。へっぴり腰にならないよう、前のめりで膝を曲げ、お尻を出す姿勢をとりましょう。

②肘を張らない

ボールを持つとき両肘をピンッと真横に張る人がいますが、この姿勢だと必要な力をボールに伝えることができません。ボールは軽く持つイメージで、脇をしめる姿勢を保ちましょう。肩や肘はリラックスさせておくのがポイントです。

③腕は上に伸ばす

ツーハンドシュートは、腕を伸ばす位置によってボールの軌道が決まります。綺麗な山なりのシュートを放つためにも、腕は真上に、なるべく高く伸ばしましょう。

このようにツーハンドシュートは比較的カンタンなので、コツも掴みやすいでしょう。ボールの持ち方は、地面に置かれたボールを両手で自然につかんだ状態が良いといわれています。併せてチェックしてみてください。

ワンハンドシュートのコツ

つづいて、ワンハンドシュートのコツを説明します。

①リングに対して斜めに向かう

ツーハンドがリングに向き合うのに対し、ワンハンドは一歩足を前に出して斜めになるように立ちます。この姿勢だと腕のほかに背中の筋肉も使えるので、少しの力でボールが飛ばせられるのです。

②ボールはベタ持ち

ボールを持つとき、よく「指の腹をつかって手のひら中央に空洞ができるように」と言われますよね。しかし、ワンハンドシュートではベタ持ちがおすすめです。特に女子は手が小さいので、片手の指先だけでボールをコントロールするのは難しいものです。

ボールは手のひら全体をベッタリ付けて持ち、肩を使って押しだしましょう。その方がスナップもきかせやすくなります。

③添える手でボールを支える

右利きの場合、左手をボールに添えますよね。このとき、添えるだけでなくボールをしっかり支えてあげてください。むしろボールを持つイメージで、力をかけても構いません。

放つほうの手(右手)でボールを持つと、その重量によって右手でのシュートにいっそう力が必要となります。しかし、左手のサポートがあると右手が自由になるので、ワンハンドシュートがラクに打てるようになるのです。

慣れないうちは難しいかもしれませんが、コツを掴めるよう意識してみてください。

女子バスケ|フォーム改善で綺麗にラクなシュートを打とう

今回は、綺麗なシュートフォームにするためのコツを紹介しました。シュートは、いかにラクしてボールに力を乗せられるかがポイントです。シュートフォームを改善すれば、今まで思いっきり力を込めて打っていたシュートが、驚くほど軽く放てるようになりますよ。ぜひ今回の記事を参考に、フォーム改善に励んでみてください。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp
この記事を書いた人ヒヤマ ココロ
バスケットボール歴5年。現役時代は主にセンターを務めていました。持ち前の体力を活かし、陸上競技や水泳、フィールドホッケーなど、様々なジャンルのスポーツを経験。全国大会や国民体育大会にも出場してきました。現在は二児の母で、ウェブライターとして活動中。このブログでは、スポーツの経験で得た基礎知識や上達するためのノウハウなど、実体験を踏まえた記事を執筆していきます。

バスケットボール上達塾の関連教材

■ナチュラルパーフェクトシューティングシステム2~精度の高め方~
ショート・ミドルレンジからのシュートも高精度にできる「精度の上げ方」がコレ
https://rs39.net/c/bk/ckis_2/bl/

 

■ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、
子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/