menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレー…
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  5. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】個人ファウルの個数をどの…
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド7
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームのベストメンバーを…
  9. 【片岡編集長のレポート】引き続きディフェンスリバウンドについて扱います…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【シュート】ゴールがなくてもシュートが上手くなる方法?【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。

今回は、ゴールがない場所での練習方法について

ご質問をいただいたのでご紹介します。

————————————————————-

【ご質問】

私は今、中学3年でガードを務めていました。
夏に引退してしまい、体育館でバスケをする機会が減ってしまいました。

家の前では、ほとんど毎日バスケをしているのですが、

ゴールがないため、久々に部活に参加したらシュート率が落ちていました。

ゴールのない場所でもシュート率があまり落ちないようにする方法が何かあれば教えて下さい。

よろしくお願いします。

 

【回答】

いつもご覧いただきありがとうございます。

また、この度はご質問頂きまして、感謝致します。

 

中学3年間のバスケはいかがでしたでしょうか。

 

ガードというチームの司令塔役割のポジションで

ご質問者さんの中で、どのような視点や考え方などが生まれましたか?

 

ご質問者様の中に生まれた思考は必ず

今後のバスケを上手くする為の糧となります。

 

まずは、バスケを続けてきた自分を褒めてあげてください。

 

その後は周りの人たちに感謝しましょう。

 

監督、親、チームメイト。

 

ご質問者さんが目一杯バスケをプレーできるのは

周りのサポートがあるからこそです。

 

まずは「感謝」を忘れずに

是非、高校でもバスケをしてください!

 

さて、ご質問に戻りますが、ゴールのない場所でもシュート率が

あまり落ちないようにする練習法とのことですね。

 

日本ではゴールがある環境が少ないため

シュート練習ができないという話はよく聞きます。

 

ですが、シュートが打てるゴールがないからこそ

“普段できないシュートにつながる練習”をしましょう。

 

「シュートはゴールに向かって打つことで率がアップする。」

もちろん何本もゴールに向かってシュートを打つことは大切です。

 

打つことで感覚が養われ、体に位置や距離を植え付けることができます。

 

今日は、その方法を踏まえた上で、2つのトレーニングをご紹介します。

 

決して複雑なことではありませんので是非、試してみてください。

 

■1つ目 イメージトレーニング

きっとあなたも知っているでしょうし

実際にやられた経験があるかもしれませんが

 

本当に有効なイメージトレーニングとは

具体的なイメージができているかどうかです。

 

「パスをもらって、●●選手のように高く飛んで、シュートを決める!」

確かにイメージはされていますが、これではトレーニングではありません。

 

自分が想像する“理想像”で終わってしまいます。

 

「パスをもらって、ディフェンスをドライブでかわし、●の位置でジャンプシュートを打って決める!」

 

このように具体的なイメージをすることでディフェンスを想定した動きを

実際のプレーでもイメージから行動へ移すことが出来ます。

 

また、具体的イメージは自分に必要なスキルも見えてくるはずです。

 

ただ、イメージするだけでなくイメージトレーニングをすることは有効なトレーニングです。

 

■2つ目  対象物を狙ってシュートを打つ。

実際に僕も小学生や中学生の頃に行っていた練習ですが、

公園のうんていの隙間を狙ってシュートを打ったり、

壁に向かってシュートを打っていました。

 

ゴールがないから何も考えず、対象物を狙っているのではなく

もちろんちゃんとした「目的」があります。

 

まずは、狙ったところへ打てるのか。

次に、少しでも的から外れていないか。

そして、イメージ通りの軌道を描けているか。

 

上記の3つはシュートを打つときでも非常に重要なことです。

 

ですが、ゴールがなくても練習することは可能です。

 

僕はよく、うんていの真ん中の穴を狙い、

少しでもうんていに触れると外れとしてシュートの練習をしていました。

 

要は、シュートの正確性を磨く練習法です。

 

もちろん、人に迷惑をかける練習はダメですが

このように視点を変えれば、ゴールがなければ練習できないというわけではなく、

 

シュート率が上がることにつながる練習を

行うことでゴールがない場所でもシュート率は上げれられことは可能です。

 

今回、ご紹介した練習法は、実際僕が行っているものですが

他にも効率の良い練習法はあるかもしれません。

大事なことは、目的を持って練習するということです。

 

是非頑張ってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ】レイアップシュートを確実に決める練習とは…?【シュート…

  2. 【上達練習法】ドリブルが苦手な選手が行うべき練習メニュー

  3. 【オフェンス戦術】ピックアンドロールを巧く行えない理由

  4. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

  5. 【片岡編集長のレポート⑮】トランジションドリルをご紹介します

  6. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. こんにちは!小谷究です。前回はランニングスコアの個人ファウルの欄から読み解くファウルトラブル…
  3. ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.12
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレーヤーとの間合いが重要。
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
ページ上部へ戻る